全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

収穫した稲を両手いっぱいに抱えながら運ぶ途別小の児童

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。

 途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ。地域に水田がなくなった1986年から同校が稲作文化を引き継ぎ、今年で33年目。毎年5月、児童が「早乙女姿」で地域の人と田植えを行っている。

 この日は「稲の先生」ら地域のお年寄りに手ほどきを受け、約1アールの畑で収穫に汗を流した。

 低学年の児童は前日の雨で水を含んだ田んぼに足を取られつつも慎重にかまを動かし、高学年は大人顔負けの手際良さで作業を進めた。

 収穫した稲はわらで結び、グラウンドに運んで干した。稲の先生の横山武さん(83)は「米にして50キロくらいになるのでは」と豊作を喜んだ。

 6年生の男児は「去年は(収穫量が)少なかったけれど、きょうは稲が黄色く垂れていたので、たくさん取れると思う。運ぶときも一粒一粒が無駄にならないよう拾った」と笑顔を見せた。

 稲は脱穀・精米し、12月に地域の人を招いて餅つき集会を開く。

関連記事

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

紀伊民報社

淡く光る毒キノコ 「ツキヨタケ」

 シイタケに似た毒キノコ「ツキヨタケ」が、和歌山県田辺市龍神村の護摩壇山で淡い光を放っている。森林公園総合案内所によると、例年より発生が遅いという。  ツキヨタケは8~10月に生えやすい。大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク