全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

収穫した稲を両手いっぱいに抱えながら運ぶ途別小の児童

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。

 途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ。地域に水田がなくなった1986年から同校が稲作文化を引き継ぎ、今年で33年目。毎年5月、児童が「早乙女姿」で地域の人と田植えを行っている。

 この日は「稲の先生」ら地域のお年寄りに手ほどきを受け、約1アールの畑で収穫に汗を流した。

 低学年の児童は前日の雨で水を含んだ田んぼに足を取られつつも慎重にかまを動かし、高学年は大人顔負けの手際良さで作業を進めた。

 収穫した稲はわらで結び、グラウンドに運んで干した。稲の先生の横山武さん(83)は「米にして50キロくらいになるのでは」と豊作を喜んだ。

 6年生の男児は「去年は(収穫量が)少なかったけれど、きょうは稲が黄色く垂れていたので、たくさん取れると思う。運ぶときも一粒一粒が無駄にならないよう拾った」と笑顔を見せた。

 稲は脱穀・精米し、12月に地域の人を招いて餅つき集会を開く。

関連記事

紀伊民報社

表現豊かな力作952点 子どもふるさと絵画展

 第28回子どもふるさと絵画展が25日、和歌山県田辺市新屋敷町の紀南文化会館1階展示ホールで始まった。幼児と小中学生が地域や学校の身近な風景などを描いた絵画952点を展示している。26日まで。 ...

荘内日報社

センバツ出場決定 鶴岡東に歓喜の春

 第92回選抜高等学校野球大会(3月19日開幕、阪神甲子園球場)の出場全32校を決める選考委員会が24日、大阪市内で行われ、昨秋の東北大会で準優勝した鶴岡東高校(齋藤哲校長)が一般選考枠で選ばれた。同校のセ...

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク