全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

新発売のコーンスープ

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパーなど小売店で取り扱っている。

 甘さと色みが人気の生食用品種「ゴールドラッシュ」と、十勝産の生乳を使った生クリームが原料。濃縮タイプのスープで、家庭で牛乳を加えて仕上げる。「素材の良さを楽しみたい40~60代の主婦」をターゲットの中心にしている。

 日本罐詰は、管内を中心に契約農家約800戸、約2000ヘクタールで栽培されたトウモロコシを受け入れている。十勝工場は2016年の台風で甚大な被害を受け、缶詰事業から撤退。冷凍とレトルトパウチを主力に加工を続け、今回のコーンスープも製造した。

 先月から販売開始。明治は「十勝産のぜいたく素材を使い、牛乳を加えることで素材が引き立ちコクが出る。スープをひと手間をかけて作りたいニーズは多く、クッキングスープ市場の拡大を図っていきたい」としている。

 1袋180グラム(2人前)。希望小売価格は300円(税別)。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク