全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

海の恵みに早春の息吹

採ったアーサの付着物を海水で洗い流す女性=13日午後、石垣市真栄里の多田浜海岸

 アーサ(和名・ヒトエグサ)が成長する時期を迎え、隆起サンゴ礁の岩場がある八重山各地の海岸では、干潮時に緑のじゅうたんの光景が広がっている。朝から晴れ間が広がった13日、石垣市真栄里の多田浜海岸では潮が引く午前中から、カゴやザルを持ってアーサ採りに訪れる人たちの姿があった。  「ことしは厳しい寒さで、いつもより早い時期から採れ出した」という西原慶子さん(75)=真栄里=は、毎年のアーサ採りが楽しみで、この日は2キロほどを採った。「(沖縄)本島の親戚や知人に送る分も計算しながら採っている」と満足そうに話した。  収穫したアーサは乾燥させて使うほか、生のままで冷凍保存もできるという。汁物や天ぷらにして食される。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク