全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ラリー北海道 疾走 しぶき豪快 競技スタート 陸別

豪快に水しぶきを上げながら、陸別サーキットを駆け抜けるラリーカー

 「ラリー北海道2019」(アジアパシフィックラリー選手権第7戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が20日、帯広市内の北愛国サービスパークで開幕した。21日には陸別町内のスペシャルステージ(SS)で競技が始まった。最終日の22日は音更、本別、足寄、帯広でも行われる。

 21日午前は陸別町内のコース「リクベツロング」(4.63キロ)、「ヤムワッカ」(23.49キロ)、「クンネイワ」(28.75キロ)でSSが行われた。このうち、「リクベツロング」は午前8時28分にスタート。ラリーカーは土煙や小石を巻き上げながら疾走し、多くのファンがその走りを見守っていた。

 ウオータースプラッシュポイントのある観戦エリアでは、ラリーカーによる水しぶきをレインコートを着用して体感できる企画「陸別ジャパーン!シャワー」が行われ、参加者が水しぶきを浴びるたびに歓声を上げた。

 水しぶきを体感した兄弟は「頭から水しぶきをかぶって気持ちよかった。ラリーカーは速くて、カーブでも迫力があった」と話していた。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク