全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大への願いを込め、テープカットで初輸出を祝った。

テープカットで酒田から唐山への初の日本酒輸出を祝った記念式典

 唐山は、酒田大火があった1976年に大地震が発生。共に大きな災害に見舞われた縁で交流が始まり、90年7月に友好都市の盟約を締結した。今年5月には経済交流促進を狙いに丸山至市長を団長とする市使節団が訪問。8月初めには、唐山市内でショッピングモール3店舗やホテルなどを経営する「唐山神鷹科技有限公司」の楊俊来社長が酒田を訪れ、菊勇の工場などを見学。「日本酒をすぐに輸入したい」との意向を示したことから、同月下旬には菊勇の佐藤社長や流通関係者らが唐山を訪問し、商談をまとめてきた。

 今回輸出するのは、県産酒造好適米「雪女神」を100%使用し、今年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)SAKE部門の純米大吟醸の部でリージョナルトロフィーを受賞した「栄冠菊勇 雪女神 純米大吟醸」をはじめ、県産出羽の里100%の純米酒、国産山田錦100%の純米大吟醸の3種で、四合瓶と一升瓶、合わせて3678本(四合瓶換算で約4500本)。

唐山に輸出される菊勇の酒

 酒は20フィートコンテナ1個分で、保冷機能付きのリーファーコンテナに入れ、中国で大型連休となる「国慶節」(来月1日)に合わせ酒田港から輸出される。今年5月に市使節団が訪中した際、同港と唐山の京唐港を、韓国・釜山経由で結ぶコンテナ航路が開設されたことから、同航路を使うことになるという。

 この日の式典には、国土交通省酒田港湾事務所や県港湾事務所、市、流通関係者ら約30人が出席。酒田港湾振興会長の丸山市長は「酒田港から京唐港への輸出がこんなに早く実現するとは思っていなかった。産物をどんどん輸出し、地域経済の発展につながれば」、佐藤社長は「この絆を太くし、将来はより多くの酒田の産物や山形の酒を酒田港から輸出できれば」とあいさつした。引き続き、酒を積み込んだトラックの前で関係者がテープカット、拍手でトラックを送り出した。

 佐藤社長によると、欧米での小売価格は国内の1・7―2倍程度で、中国でも同程度の価格が予想される。既に、来年2月の旧正月「春節」の時期にもコンテナ1個分の輸出を打診されているが、「まずは今回の出荷分が無事に到着するのを見届けてから」(佐藤社長)と、販売状況なども見ながら取引拡大を検討する考えだ。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク