全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

厚真で力強い歌と元気を届ける奥野ひかるさん

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた。聴く人の心にグッと突き刺さるような歌詞と歌声を届け、町民を明るい気持ちにさせた。

 奥野さんは、2011年に発生した東日本大震災や16年に起きた熊本地震の被災地を巡り、仮設住宅や避難所で1000回以上のライブを開催。厚真町へは5月に続き2回目の訪問となり、16日にも町総合福祉センターでおよそ50人を前にライブを行った。

 17日の会場となった談話室には30人ほどが訪れ、部屋は満員状態に。ひまわりをイメージした衣装で登場した奥野さんは「真っ赤な太陽」など10曲を熱唱したほか、「おばあちゃんに『人の役に立つ歌手になれ』と言われた意味が最近ようやく分かってきた」とエピソードを紹介。後半には、昨年の震災で家族を亡くした女性に向けて作ったというオリジナル曲「歩み」や東日本大震災の際に手掛けた「ありがとうのうた」も披露し、会場は温かい雰囲気に包まれた。

 仮設住宅に住む加賀谷弘子さん(76)は「初めて聴いたが、すごく元気を頂くことができた」と笑顔を見せ、取材に応じた奥野さんは「心の復興は1年目より2年目、3年目と重ねていくことが大切になっていく。皆さんに『また来てね』と言われるなら、それに応えていきたい」と話していた。

 奥野さんは18日に安平、むかわ両町も慰問し、住民に歌と元気を届けた。

関連記事

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

紀伊民報社

ICT活用の授業広がる 教員支える「助っ人」奔走

 小中学生に1人1台のタブレット端末が配備され、学校でICT(情報通信技術)を活用した授業の導入が進む中、和歌山県田辺市では専門的な技術を持つ「ICT支援員」が教員の「助っ人」として奔走している...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク