全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

厚真で力強い歌と元気を届ける奥野ひかるさん

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた。聴く人の心にグッと突き刺さるような歌詞と歌声を届け、町民を明るい気持ちにさせた。

 奥野さんは、2011年に発生した東日本大震災や16年に起きた熊本地震の被災地を巡り、仮設住宅や避難所で1000回以上のライブを開催。厚真町へは5月に続き2回目の訪問となり、16日にも町総合福祉センターでおよそ50人を前にライブを行った。

 17日の会場となった談話室には30人ほどが訪れ、部屋は満員状態に。ひまわりをイメージした衣装で登場した奥野さんは「真っ赤な太陽」など10曲を熱唱したほか、「おばあちゃんに『人の役に立つ歌手になれ』と言われた意味が最近ようやく分かってきた」とエピソードを紹介。後半には、昨年の震災で家族を亡くした女性に向けて作ったというオリジナル曲「歩み」や東日本大震災の際に手掛けた「ありがとうのうた」も披露し、会場は温かい雰囲気に包まれた。

 仮設住宅に住む加賀谷弘子さん(76)は「初めて聴いたが、すごく元気を頂くことができた」と笑顔を見せ、取材に応じた奥野さんは「心の復興は1年目より2年目、3年目と重ねていくことが大切になっていく。皆さんに『また来てね』と言われるなら、それに応えていきたい」と話していた。

 奥野さんは18日に安平、むかわ両町も慰問し、住民に歌と元気を届けた。

関連記事

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

馬車BARに三味線響く 加藤さんライブに酔う 帯広

 帯広市中心部を巡る「馬車BAR」で18日、津軽三味線・日本民謡の加藤流三絃会の加藤恵理奈代表(帯広)によるライブが行われ、夜の街を三味線の音色で盛り上げた。  コロナ禍でも音楽を通して心を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク