全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

無人古書店 帯広で開業 支払いはガチャガチャで

念願の古書店を開店させた平野さん

 帯広市内に無人古書店「馬酔本(うま、ほんによう)」(西2南19)が開店した。十勝管内ではまれな個人による実店舗の古書店開業。無人化は人件費を掛けずに持続可能な店づくりを実現するため採用したシステムで、全国でも例が少ないという。

 古書店を開いたのは、同住所で学習塾「学理舎」を経営する平野雄士さん(44)。東京出身で大学時代を札幌で過ごし、2010年に帯広へ。15年から現在の建物を借り、2階で学習塾を開いた。これまでに延べ約150人の教え子を送り出してきた。

 塾の子どもたちの興味を受け止める本棚を作りたいと、私物の書籍などを並べ始めた。近所に古書店がなく、子どもが本と出合える場所を本格的に作りたいと思うようになった。

 建物1階の車庫を有効活用し、古書店を開業しようと一念発起。古物商の許可申請も行い、自ら店主となり8月8日にオープンさせた。自身の蔵書を軸に、知人からの寄贈本などをもとに新書や小説など約450冊を並べた。

 古書販売はもうけが少ない商売とされる中、本業の塾の運営と両立させる方法を考えた。人件費を削るため、都内の古書店で採られている方式を参考に、無人の店内にガチャガチャを置き、本の値段分の小銭を入れてレバーを回すと持ち帰り用の紙袋が出てくる仕組みにした。精算を簡潔化するため、本は値段が200~600円のみのラインナップに絞った。

 平野さんは「まだまだ本棚は未完成。地域に根差し、買い取りを通じて深みのある棚を作りたい」と話す。既に買い取りも始めており、今後は棚の充実化を図る。営業時間は目安で午前10時~午後8時。

 帯広警察署管内の9市町村では、古物商の申請のうち書籍販売を主とするのは56件。ただ、営業実態のない届け出も少なからず含まれているとみられ、「事業者の営業はあるが、個人で新規の古書店開業は珍しいのでは」(同署)としている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク