全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

東京五輪・パラリンピックでモルドバ共和国 鶴岡で事前合宿へ

皆川市長を表敬訪問し、東京五輪事前合宿に向けた基本合意締結を表明したモルドバのブマコフ駐日大使=13日、鶴岡市役所

 2020年の東京五輪・パラリンピックで、東欧・モルドバ共和国の「ホストタウン」となっている鶴岡市が、今年6月に東京五輪の事前合宿に関する基本合意を同国のオリンピック委員会と取り交わすことになった。13日に鶴岡市役所を表敬訪問したモルドバのヴァシレ・ブマコフ駐日大使が明らかにした。カヌー競技などの強豪国のモルドバからは、16年のリオデジャネイロ五輪に選手25人が出場している。

 モルドバと鶴岡市は、同市内の企業による学校施設へのバイオマスペレット暖房施設導入の技術協力で縁があり、大会参加国と自治体が交流を図るホストタウン認定を受けた。

 ブマコフ大使は、鶴岡のホストタウン推進事業による有機農業に関する交流行事や、大山新酒・酒蔵まつりなど鶴岡の食文化の視察のため10―13日の日程で来鶴。13日に市役所を訪れ、皆川治市長を表敬した。

 懇談でブマコフ大使は「モルドバ代表の選手団の合宿に向け、6月下旬には鶴岡市と基本合意を締結したい」と述べ、鶴岡を東京五輪の事前合宿地とする意向を示した。またワインなどで知られ、ブドウをはじめ農業が盛んなモルドバで、農業大臣を務めた同大使は「鶴岡の食文化は素晴らしい。スポーツに限らず農業や食文化、ビジネスの面でも人と人とのつながりを深め、幅広く鶴岡と交流を続けていきたい」と、東京五輪をきっかけにした鶴岡市との多方面での交流継続に期待を表明した。

 皆川市長は「しっかりと準備を進め、より良い合意ができるようにしていく。いろんな角度から交流が発展するよう努めていきたい」と応じた。

 同市によると、モルドバ・オリンピック委員会の委員長が6月29日―7月2日の日程で鶴岡を訪れ、練習施設や宿泊施設などを視察し、事前合宿に関する基本合意を締結する。

 16年のリオデジャネイロ五輪にモルドバからはカヌーやアーチェリー、ウエートリフティング、陸上などに選手25人が出場した。鶴岡市はカヌーの練習場として西川町を想定している。モルドバのホストタウンには同市のほか、長野県東御市も登録されている。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク