全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

愛され長寿のナナ 58歳、日本で最高齢の雌アジアゾウ 帯広

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の“おばあちゃん”ゾウ「ナナ」(58歳)。日本で最高齢の雌のアジアゾウで、長年市民らに愛されてきた人気者は、今シーズンも元気な姿を来園者に見せている。訪れた子どもらからは「いつまでも元気で」とメッセージも寄せられている。16日は敬老の日-。

約55年間帯広で過ごしてきたナナ。健康で長生きしていることは当たり前ではない

 ナナは1961年にインドで生まれ、推定3歳で来園した。当時は体高約120センチの小さな子ゾウでおてんばな性格だったが、いまやアジアゾウ全体でも国内2番目の高齢に。人間にたとえると80歳以上になる。

変わらぬ食欲
 同園によると、ナナは今年もこれまでと変わらず、ジャガイモや青草、麦かん、ニンジン、リンゴなど毎日80~100キロの餌を食べている。ただ高齢に配慮し、サプリメントも与え、関節が弱くならないように気を付けている。

 体調は良好だが、年齢から「だんだんと顔の彫りが深くなってきた」と柚原園長。背中のラインも少し落ちてきた。かつては飼育展示係に攻撃的になる様子も見られたが、性格も丸くなり、室内と外の獣舎の出入りにごねることはない。就寝時も見回りの人が来ると必ず起きていたが、最近は「かまわず寝ていることが多い」という。

贈り物や手紙も
 ファンからのプレゼントの数はホッキョクグマ「アイラ」の次に多く、スイカやリンゴなどが毎週届けられる。最近は砂が送られ、ナナはうれしそうに声を上げて砂浴びを楽しんだ。ゆっくり時間をかけて食べられる柳の木も大好物だ。

 半世紀以上前に建てられた獣舎の環境は良くはないが、慣れ親しんだ場所で、大病もすることなく元気に年を重ねてきた。「ナナ、元気でね」-。たくさんの手紙も届く人気者は、多くの人々に愛されながら、毎日をのんびりと過ごしている。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク