全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

愛され長寿のナナ 58歳、日本で最高齢の雌アジアゾウ 帯広

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の“おばあちゃん”ゾウ「ナナ」(58歳)。日本で最高齢の雌のアジアゾウで、長年市民らに愛されてきた人気者は、今シーズンも元気な姿を来園者に見せている。訪れた子どもらからは「いつまでも元気で」とメッセージも寄せられている。16日は敬老の日-。

約55年間帯広で過ごしてきたナナ。健康で長生きしていることは当たり前ではない

 ナナは1961年にインドで生まれ、推定3歳で来園した。当時は体高約120センチの小さな子ゾウでおてんばな性格だったが、いまやアジアゾウ全体でも国内2番目の高齢に。人間にたとえると80歳以上になる。

変わらぬ食欲
 同園によると、ナナは今年もこれまでと変わらず、ジャガイモや青草、麦かん、ニンジン、リンゴなど毎日80~100キロの餌を食べている。ただ高齢に配慮し、サプリメントも与え、関節が弱くならないように気を付けている。

 体調は良好だが、年齢から「だんだんと顔の彫りが深くなってきた」と柚原園長。背中のラインも少し落ちてきた。かつては飼育展示係に攻撃的になる様子も見られたが、性格も丸くなり、室内と外の獣舎の出入りにごねることはない。就寝時も見回りの人が来ると必ず起きていたが、最近は「かまわず寝ていることが多い」という。

贈り物や手紙も
 ファンからのプレゼントの数はホッキョクグマ「アイラ」の次に多く、スイカやリンゴなどが毎週届けられる。最近は砂が送られ、ナナはうれしそうに声を上げて砂浴びを楽しんだ。ゆっくり時間をかけて食べられる柳の木も大好物だ。

 半世紀以上前に建てられた獣舎の環境は良くはないが、慣れ親しんだ場所で、大病もすることなく元気に年を重ねてきた。「ナナ、元気でね」-。たくさんの手紙も届く人気者は、多くの人々に愛されながら、毎日をのんびりと過ごしている。

関連記事

紀伊民報社

6日は梅干しおにぎりを 「梅の日」呼びかけ

 和歌山県みなべ町は、6日の「梅の日」に梅干しおにぎりを食べて、と呼びかけている。町内の学校などでは、子どもが自分で作って食べるという。  同町では、町村合併10周年の2014年10月1日に「梅...

雨の中、白熱のバトル 北洋大でイベント ストリートスポーツ楽しむ

子ども向けの二輪車競技「ランバイク」からダンスバトルまでさまざまなストリートスポーツを楽しむイベント「FuturePeaceStreet(フューチャー・ピース・ストリート)」が3日、苫小牧市錦西町...

宇部日報社

林間さんが半年かけ舞台背景の老松〝復活〟【山陽小野田】

   画家の林間浩二さん(61)=宇部市西岐波村松=が、山陽小野田市下市の糸根神社(畑野紀子宮司)にある埴生芝居用の舞台の背景に使う老松の絵をボランティアで修復した。半年かけて鮮やかによみがえった...

荘内日報社

勇壮からぐり山車 犬みこし にぎやかに 鶴岡市大山「犬祭り」 4年ぶりの行列 ..

 庄内三大祭りの最後を飾る鶴岡市大山の「大山犬祭り」が5日、地区で行われた。高さ約5メートル、重さ約4トンのからぐり山車や「仮女房」が繰り出しJR大山駅前から椙尾神社まで練り歩いた。沿道には多くの見物...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク