全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「祭り集結」圧巻、熱く

青森ねぶたを先導するように、はねとが躍動。会場を盛り上げた(能代市の畠町通りで)

 県内外の祭りが会する「第32回おなごりフェスティバルin能代2019」は14日、能代市の畠町通りで開催された。令和初めてとなるおなごりフェスには、仙台すずめ踊りや青森ねぶた、盛岡さんさなど東北地方を代表する祭りのほか、地元中学生による「能代七夕」の一中若と二中若など合わせて9団体が出演。にぎやかに通りを練り歩いて見物客の視線を集め、能代の夏を盛大に締めくくった。 

 14日は高気圧に覆われて穏やかな一日となり、能代地域の最高気温は前日を1・8度上回る27・4度。午後5時30分からのオープニングセレモニーに続き、各地から集まった祭りが畠町通りを練り歩いた。
 2年ぶりに登場した仙台すずめ踊りは、扇子を手にした踊り手が小気味よいはやしに合わせて躍動感たっぷりに舞い、見物客の注目を集めた。本県を代表する夏祭り・秋田竿燈は見物客から人気が高いことから、出演本数を例年の5本から7本に増やして妙技を披露、〝光の稲穂〟が夜空に揺れた。
 おなごりフェス常連の浅草サンバカーニバルや青森ねぶた、盛岡さんさ、花輪ばやしも華麗、勇壮に運行し、見物客を喜ばせた。能代一中と能代二中の生徒が運行する一中若と二中若、秋田おなごり音頭は地元の心意気を見せた。
 沿道には多くの見物客が詰め掛け、飲食を楽しみながら出演者の動きに見入り、写真や動画に収めるなど能代の夏を締めくくる「祭りのパレード」を満喫した。
 おなごりフェスは、昭和62年に能代青年会議所が開催した「カッセー~活性~能代」が前身。翌63年には現在の能代地域活性化協議会を結成し、実行委員会も立ち上げ、東北地方などの祭りを招へいしてフェスを運営。9月第2土曜日に開催し毎年大勢の人出があり、港まつり能代の花火や能代七夕「天空の不夜城」とともに集客力があるイベントとなっている。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク