全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ドイツの高校生が豊丘高で茶道交流

 修学旅行で豊橋市を訪れているドイツ・ベルリンのグスタフ・ハイネマン高校で日本語を専攻する生徒14人が14日、県立豊丘高校の茶道部を訪れ、茶道を通じて両校生徒は親交を深めた。

 同校は修学旅行などで2016(平成28)年から同市を訪れており、今回で10回目。13日から2泊3日で豊橋・新城市内の一般家庭でホームステイを行い、日本の食文化や生活を体験している。  豊丘高校の茶室を訪れた一行は、浴衣を着た茶道部員13人を見て「美しい!」と驚きの声を上げた。冒頭、茶道部長の尾崎日菜乃さん(2年)らが英語で茶道の歴史を説明後、お点前を披露。一行は、茶室の静かで厳粛な雰囲気を味わっている様子だった。  4グループに分かれて自己紹介後、茶道作法を体験。尾崎さんは「頑張って慣れない正座をしてくれてうれしかった。茶せんでお茶をぐるぐると『混ぜる』のではなく、直線的な動作で『立てる』ことを伝えるのが難しかった」と話した。  ハイネマン高校のマーク・ビルストさん(14)は「日本のお茶の味はドイツには無い味。とてもおいしかった。日本文化に触れることができ、とてもエキサイティングだった」と語った。  また同校のリリー・マリーさん(15)は「日本人は礼儀正しい。茶道のような伝統を途絶えさせることなく、次世代にも残していってほしい」と話した。

 その後の歓談では、好きな日本の食べ物や京都の名所の話で盛り上がり、インスタグラムのアカウントも交換。言語や文化の違いをものともせず、友情を深めていた。  その他、百人一首や坊主めくりをして遊び、茶室は笑顔と笑いで包まれた。  豊丘高校を後にした一行は豊橋公園へ移動し、花火大会「炎の祭典」を見学。手筒花火の迫力と美しさに見入っている様子だった。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク