全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「エヴァンゲリオン」の世界観をフィギュアで紹介する企画展

「エヴァンゲリオン」のジオラマを楽しむ来場者(14日午前11時20分ごろ、トキスマで)

 宇部市出身の映画監督、庵野秀明さんが手掛けるアニメ作品「エヴァンゲリオン」の世界観をフィギュアで紹介する企画展が14日、常盤町1丁目スマイルマーケット(トキスマ)の2階で始まった。同日はセレモニー後、ファンや家族連れが続々と入場。フィギュアと背景を組み合わせて名シーンを表現したジオラマに目を凝らした。11月24日まで。    市が「アンノヒデアキノセカイ×海洋堂エヴァンゲリオンフィギュアワールド」と題し、高い造形技術や独自企画で知られる海洋堂(本社大阪府門真市)の協力で開いている。    会場にはテレビアニメと劇場版の場面を再現した箱形ジオラマ100点を、場面解説とともにストーリー順に並べた。発光ダイオード(LED)照明で効果的に光を当て、緊迫した戦闘シーンを演出。奥を小さく、前を大きく作ることで、せり出すような遠近感を表現している。    エヴァンゲリオンを題材にした海洋堂の企画展は、2012年から全国で10回以上開かれているが、県内初開催の今回が最大規模。庵野さんが関わったアニメ作品のフィギュアなど約100点のほか、宇部高美術部時代からの活動を紹介するパネル40枚もある。    海洋堂の宮脇修一社長は「奥行きのある立体的なジオラマでアニメを最高に面白く表現できた。しっかり見ていただきたい」と呼び掛けた。大ファンという土井山小百合さん(48)=山陽小野田市吉部田=は「見る角度によって、さまざまに楽しめるのがいい。エヴァの世界観を体感できる」と喜んでいた。    時間は午前11時~午後6時半。入場料は一般500円、高校生以下は無料。水曜休館。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク