全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「ドン・ファン」の遺産 田辺市が受け取りへ

 和歌山県田辺市は、昨年5月に亡くなった同市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社の元社長野﨑幸助さん=当時(77)=の遺贈を受ける方針を固めた。市が把握している野﨑さんの財産は約13億円。今後、法的な手続きを進める。
 野﨑さんの死因は急性覚醒剤中毒で、死亡の経緯に不審な点があるとして、県警が捜査を続けている。野﨑さんは全財産を市に寄付するとの遺言書を残していた。
 市によると、野﨑さんの財産は負債を差し引くと13億2055万3578円(動産、不動産含まず)。預貯金が約3億492万円、有価証券など約9億7508万円、貸金業貸付債権1億8216万円で、他に市内外に土地と建物、自動車や絵画などの動産もある。一方、負債は貸金業過払い債務約1億4161万円。
 昨年9月、和歌山家庭裁判所田辺支部での検認を終え、野﨑さんの遺言書が形式的な要件を備えていることが確認でき、市は遺贈を受ける立場になった。今年1月から相続財産管理人が財産を調査し、7月に市に報告があった。
 今後、隠れた負債が相続する財産より多い場合でも、相続財産を限度に借金などの支払いをする相続「限定承認」や、土地・建物を現金化するための手続きなどをする。野﨑さんの配偶者の遺留分についても協議が必要になる。
 市は弁護士の委託料や裁判所への予納金など、遺贈を受ける準備費用6540万円を含む一般会計補正予算案を13日に9月市議会に提出した。
 真砂充敏市長は「遺贈を受けるか放棄するかについて、市政への影響も含め熟慮を重ねた結果、遺言者の遺志を尊重することが市民全体の利益につながると考えた」とコメントした。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク