全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

第27回北前船寄港地フォーラムin 庄内・山形

 全国の北前船寄港地の関係者が一堂に会する「第27回北前船寄港地フォーラムin庄内・山形」が12日、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡で開かれ、中国遼寧省大連市の関係者を含め約1000人が基調報告などを通じ、日中間や国内地方間の交流促進の可能性を探った。前日の11日夜には酒田市のガーデンパレスみずほで前夜祭が開かれ、日中の関係者が本県の地酒や食材を使った料理などを堪能、懇親を深めた。

 県や鶴岡市、酒田市などによる実行委員会(会長・吉村美栄子知事)が主催し、庄内では2007年11月の第1回(酒田市)、13年3月の第11回(同)に続き3回目。フォーラムを母体に17年4月に酒田市などが認定された日本遺産「北前船寄港地・船主集落」に今年5月、鶴岡市が追加認定されたため、同市を主会場とした。また、昨年5月の第23回大会を大連市で開いた縁で、同市の中日文化観光大連交流大会を兼ねて開き、同市の張志宏副市長ら行政・観光の約60人や全国の寄港地関係者が参加した。

 第1部の式典では吉村知事、皆川治鶴岡市長に続き、「北前船コリドール構想」を提唱しフォーラムのきっかけをつくった作家で酒田市美術館長の石川好氏が「07年に1隻で出港したが、今や大船団となり、東アジアに向かっている」、張副市長は「日本の東北との友好関係がますます盛んになると期待」とあいさつ。張副市長は、第1回から中心的に関わってきた北前船交流拡大機構名誉会長の新田嘉一氏(平田牧場会長)に「アカシア友誼賞」を贈った。

 浮島智子文部科学副大臣らの来賓祝辞に続き、第2部では「日中地方都市間交流の展望」と題し、北前船交流拡大機構の浜田健一郎理事長、大連市文化と旅遊局の栄梅局長、観光庁観光地域振興部観光資源課の河田敦弥課長、大連文園国際旅行社の于敬東総経理、東日本旅客鉄道の西野史尚副社長の5人が、訪日外国人消費の約3割を中国人が占めるなど、日中間の観光の現状などについて報告。最後は「一層の相互理解と交流促進、日中双方の地域活性化に貢献する」という大会宣言を満場の拍手で採択した。

基調報告などを通じ、日中間などの交流促進への決意を新たにしたフォーラム=12日、荘銀タクト鶴岡

関連記事

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク