全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

マツタケの季節到来 諏訪市後山で採れ始め

マツタケ産地の諏訪市後山の山奥に生え始めたマツタケ

 香り高き秋の味覚、マツタケの季節が到来-。諏訪地方を代表する産地の諏訪市湖南後山で、マツタケが採れ始めた。季節限定のマツタケ料理店「松茸山荘」(同市後山)を営む遠藤猶善さん(69)によると、残暑と少雨の影響から「現時点ではやや小ぶりだが、今後空気が冷えて雨が降れば、収穫が期待できる」とする。

 近年の3割増の収穫だった昨年より少ないが、平年並みの9日ごろから生え始め、「心配もあるが、まずまずの採れ高」と遠藤さん。9月末から10月初旬ごろに収穫のピークを迎え、10月末まで採れる見込み。11日、遠藤さんは同市後山の山奥(標高約1200メートル)で、1時間弱かけて15本を収穫。出荷できる状態といい、最大でかさの直径約11センチ、長さ約14センチだった。「山が乾いており、通常なら10~15センチ間隔で列をなして生えるが、まだそこまで生えていない」と話した。

 後山産のマツタケは甘いと評判という。同店は21日ごろから営業を始め、20~25日間の日程で開きたい考え。マツタケを使ったすき焼きや茶わん蒸し、天ぷらなどが味わえる。完全予約制。問い合わせは同店(電話0266・58・8283)へ。

関連記事

古見小PTA 児童らサトウキビ収穫 収益は学習や派遣費に

 【西表】古見小学校(赤嶺智郎校長)のPTA(上原崇史会長)は、資金造成のため石原和義さんのサトウキビ畑の収穫を請け負い、このほど児童、教職員、保護者に加え地域の人々も応援してキビ刈り作業を行...

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬...

紀伊民報社

梅の新品種「星秀(せいしゅう)」

 和歌山県果樹試験場うめ研究所(みなべ町東本庄)は、梅の新品種「星秀(せいしゅう)」を開発した。品質が良い主力品種「南高」の特徴を受け継ぎながら、主要な病気の一つ「黒星病」に強く、自家受粉できる...

荘内日報社

ロシア・サンクトペテルブルク市から「第583番学校生」来酒

 ロシア第2の都市、サンクトペテルブルク市の公立小中高一環教育校「第583番学校」の教諭と生徒計5人が、29日(土)まで10泊11日の日程で酒田市を訪問している。3日目の21日午後、同校と文化・教育に関する包括...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク