全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリシャリ感とみずみずしさが特徴の新種ブランド。9月中旬から下旬の今が食べ頃だ。  小島町で果物農家を営む農家歴10年の朝倉孝樹さん(46)は、食彩村で「あきづき」を販売。「今年の梨の収穫量は約400㌔でほぼ例年通り。長梅雨によって日照不足や根が傷みやすい状況だったため、葉から養分が取れるよう液体肥料を水に溶かしてスプリンクラーでまいた」と話す。  朝倉さんは農法について「こだわりだけでは駄目。気候変動に合わせて肥料の種類やタイミングを変えなければいけない。良い農法があれば、どんどん取り入れるようにしている」と語る。  住宅メーカーの設計士だった朝倉さんは10年前、祖父の代から続く果物農家を継いだ。「農業が面白そうだと思った。お客さんの趣味・趣向に合わさて家をつくるのと気候変動に合わせて梨をつくるのは似ている。どの化学物質が栄養になるのか、日々トライアンドエラーを繰り返しています」と笑顔を見せる。

 「あきづき」は1㌔約1000円。食彩村で限定販売する。朝倉さんは「よく冷やして大きめに切って食べると食べごたえがあっておいしい。ぜひ1度食彩村へ足を運んでほしい」と呼び掛けている。  厳しい長梅雨を耐え抜いた「あきづき」の果汁が残暑で乾いた喉を潤してくれる。

関連記事

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

長野日報社

辰野町の「地酒」を再構築 20代若手が酒造り

長野県辰野町の地域おこし協力隊と食の革命プロジェクト運営協議会が、地場産の商品を再構築する「リブランディングプロジェクト」を始めた。町内事業所と連携して、消費者を絞ったコンセプト設定やPR手段...

本格揚げピザ味わって 幕別忠類白銀台スキー場

 幕別町忠類の町営白銀台スキー場のレストランに新メニュー「ピッツァフリット」(揚げピザ)が登場した。レストランを運営する大樹農社湖水地方牧場(白井隆代表)が製造する水牛のチーズを使った“イタリアの味...

観光振興へ共同開発 音更・池田の特産生かし「ギョーザ」

 ギョーザで観光振興を-。音更、池田両町の観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」(会長・傳法伸也音更町経済部長)は、両町の特産品を使ったギョーザの共同開発に乗り出した。試作品...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク