全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリシャリ感とみずみずしさが特徴の新種ブランド。9月中旬から下旬の今が食べ頃だ。  小島町で果物農家を営む農家歴10年の朝倉孝樹さん(46)は、食彩村で「あきづき」を販売。「今年の梨の収穫量は約400㌔でほぼ例年通り。長梅雨によって日照不足や根が傷みやすい状況だったため、葉から養分が取れるよう液体肥料を水に溶かしてスプリンクラーでまいた」と話す。  朝倉さんは農法について「こだわりだけでは駄目。気候変動に合わせて肥料の種類やタイミングを変えなければいけない。良い農法があれば、どんどん取り入れるようにしている」と語る。  住宅メーカーの設計士だった朝倉さんは10年前、祖父の代から続く果物農家を継いだ。「農業が面白そうだと思った。お客さんの趣味・趣向に合わさて家をつくるのと気候変動に合わせて梨をつくるのは似ている。どの化学物質が栄養になるのか、日々トライアンドエラーを繰り返しています」と笑顔を見せる。

 「あきづき」は1㌔約1000円。食彩村で限定販売する。朝倉さんは「よく冷やして大きめに切って食べると食べごたえがあっておいしい。ぜひ1度食彩村へ足を運んでほしい」と呼び掛けている。  厳しい長梅雨を耐え抜いた「あきづき」の果汁が残暑で乾いた喉を潤してくれる。

関連記事

長野日報社

玄米粉と黒豆きな粉のマドレーヌ 辰野町に新名物誕生

長野県の辰野町商工会女性部(松井夕起子部長)は、町の土産品づくりプロジェクトで、同町下辰野の菓子司・味香月堂(小澤良教店主)とともに新商品「おらが町の米(ま)どれーぬ」を共同開発した。地場産の玄...

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モ...

長野日報社

とろろ「お代わり」54杯 茅野市金沢で大会

「こっち、お代わり!」「こっち、こっち」。40分の制限時間で、とろろご飯を何杯食べることができるか競う茅野市の金沢体協恒例の「とろろ選手権大会」が3日、金沢地区コミュニティセンターであった。ご飯...

長野日報社

打ちたて舌鼓 みはらしファームで新そばまつり

信州そば発祥の地・伊那を発信する第8回「信州伊那新そばまつり」が26日、長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム特設会場で始まった。標高800メートル以上で育った地元の新そばを打ちたてで提供。県内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク