全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

折り鶴の国旗で歓迎 ラグビーナミビア代表

ロビーに飾られた折り鶴のナミビア国旗(10日、上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町でキャンプするラグビーのナミビア代表チームの必勝を祈願し作っていた折り鶴の国旗が、10日に完成し、同町朝来の上富田文化会館ロビーに飾られた。1万5千羽の折り鶴を使っており、巨大で鮮やか。14日の到着を出迎える準備ができた。
 地元の熊野高校のラグビー部や生徒会などでつくる「ナミビアブループロジェクト実行委員会」が企画。7月中旬から町内の保育所や小中学校、福祉施設などのほか、町民にも折り鶴の協力を呼び掛け、3万羽以上集まった。そのうち、国旗に使った1万5千羽は町の人口と同じ数。
 仕上げの作業は実行委のメンバーと町民有志が6日から始めた。たこ糸に1羽ずつ通し、1本当たり116羽つなぎ、それを130本用意。10日には並べてつるした。模様を表現するための折り鶴の配置は、ラグビー部監督の瀬越正敬さん(44)が担当した。
 完成した国旗は縦3・5メートル、横4メートル。空や血、森を表すという青や赤、緑、黄、白の鮮やかな色で、インパクトがある。両側には6千羽の折り鶴もつるされ、ロビーが華やいでいる。
 残りはチームや選手1人ずつに贈るとともに、歓迎の「折り鶴シャワー」として利用するという。
 ラグビー部主将の谷本瑠佳君(17)は「やっと完成し、達成感と喜びを感じている。改めて地域の人たちとの触れ合いの大切さを学び、良い経験になった。部としても、この活動で朝から晩まで一緒に過ごし、秋の大会に向けて結束が強まったと思う。14日にはしっかりお出迎えしたい」と話す。折り鶴の国旗は、熊野高校の文化祭でも展示する予定。
 ナミビア代表は14日夕方に上富田町に到着する予定。実行委は、ユニホームのカラーである「青」一色で出迎えようと、町民に協力を呼び掛けている。午後5時半までに青い服を着たり、グッズを持ったりして集まってもらいたいという。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク