全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

老若男女が叙情歌熱唱 なかどぅ道ぬとぅばらーま祭

 「いずすどぅ主(ぬすぅ)(歌う人が主人公)」をテーマに「第29回なかどぅ道ぬとぅばらーま祭」(同実行委員会主催)が10日夜、登野城のとぅばらーま歌碑前広場で行われた。郡内外の老若男女が個人やペア、グループで出場し、思い思いに八重山を代表する叙情歌とぅばらーまを歌い「仲道の三番アコウ」の下へ集まった観客らを楽しませた。

 蔵下芳久実行委員長によると、同祭は1990年頃、道路の閉鎖や「仲道の三番アコウ」の移転を含む都市計画に対抗するため、同広場を活用した催しとして初実施。以来毎年、旧暦8月13日夜に開かれる市主催「とぅばらーま大会」の前夜に行われている。昨年は「仲道の三番アコウ」の一部枯死や損傷が深刻だったことから真栄里公園で実施したが、樹勢が回復したためことしは開催場所を戻した。参加者に楽しんでもらうことを目的に、採点や順位付けは行わない。

 デイサービスセンター「大浜1番地」は職員4人で初参加。市の大会に作詞の部で応募するも落選したオリジナルの歌詞を歌い上げた。大盛哲広さん(56)は「発表できてよかった。来年は利用者と掛け合って歌いたい」と笑顔。

 光扇会田場絹枝舞踊道場は玉代勢秀尚さんが歌と三線、玉代勢秀弥さんが笛を奏で、上原梢さん(20)と平良レナさん(24)が情感あふれる踊りを添えた。上原さんは「三番アコウの広場は真栄里公園にはないしっとりとした雰囲気がある」と同広場での再開を喜んだ。

関連記事

古見小PTA 児童らサトウキビ収穫 収益は学習や派遣費に

 【西表】古見小学校(赤嶺智郎校長)のPTA(上原崇史会長)は、資金造成のため石原和義さんのサトウキビ畑の収穫を請け負い、このほど児童、教職員、保護者に加え地域の人々も応援してキビ刈り作業を行...

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬...

紀伊民報社

梅の新品種「星秀(せいしゅう)」

 和歌山県果樹試験場うめ研究所(みなべ町東本庄)は、梅の新品種「星秀(せいしゅう)」を開発した。品質が良い主力品種「南高」の特徴を受け継ぎながら、主要な病気の一つ「黒星病」に強く、自家受粉できる...

荘内日報社

ロシア・サンクトペテルブルク市から「第583番学校生」来酒

 ロシア第2の都市、サンクトペテルブルク市の公立小中高一環教育校「第583番学校」の教諭と生徒計5人が、29日(土)まで10泊11日の日程で酒田市を訪問している。3日目の21日午後、同校と文化・教育に関する包括...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク