全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

電気の仕事重要性を体験

 鶴岡電気工事協同組合青年部会(山口雅人会長)が主催した工業高校生交流会が10日、鶴岡工業高校で行われた。地元の電気工事の仕事を紹介、実際体験させ就職時の参考にしてもらおうと始まったもので今回3年目。この日は13社15人が同校の1年生32人に指導した。

 冒頭、山口会長が「この会も3年目で慣れてきた。より親切に、いい形で指導できると思う」とあいさつ。同協同組合の武田啓之副理事長(渡会電気土木社長)は「関東を直撃した台風15号で多くの地域が停電した。電気が止まると大変であることはニュースで知ったと思う。電気に携わる仕事はそれだけ重要」と生徒たちに語り掛けた。

 その後高所作業車の実車体験、金属配管の油圧ベンダーによる曲げ加工―など4セクションに分かれ、体験作業が行われた。高さ15㍍まで伸びる作業車の「作業床」に乗り込んだ電気電子科の石川柊(しゅう)さん(16)は「電気関係の仕事に就きたいので、こうしたプロの仕事を間近で見られるのはうれしい。作業車に乗られる機会ももちろん初めて。いい体験になった」と語っていた。

高所作業車に乗り“行ってきまーす”と手を振る生徒

関連記事

古見小PTA 児童らサトウキビ収穫 収益は学習や派遣費に

 【西表】古見小学校(赤嶺智郎校長)のPTA(上原崇史会長)は、資金造成のため石原和義さんのサトウキビ畑の収穫を請け負い、このほど児童、教職員、保護者に加え地域の人々も応援してキビ刈り作業を行...

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬...

紀伊民報社

梅の新品種「星秀(せいしゅう)」

 和歌山県果樹試験場うめ研究所(みなべ町東本庄)は、梅の新品種「星秀(せいしゅう)」を開発した。品質が良い主力品種「南高」の特徴を受け継ぎながら、主要な病気の一つ「黒星病」に強く、自家受粉できる...

荘内日報社

ロシア・サンクトペテルブルク市から「第583番学校生」来酒

 ロシア第2の都市、サンクトペテルブルク市の公立小中高一環教育校「第583番学校」の教諭と生徒計5人が、29日(土)まで10泊11日の日程で酒田市を訪問している。3日目の21日午後、同校と文化・教育に関する包括...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク