全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

国内最長級の救助袋を使った降下訓練

屋上から袋の中を滑り降り地上に脱出する社員(10日午前9時45分ごろ、宇部興産機械で)

 宇部興産機械(宮内浩典社長)の防災訓練は10日、小串沖の山の同社であり、社員25人が参加し、本館屋上(高さ33㍍)に設置してある国内最長級の救助袋を使った降下訓練などを行い、防災意識を高めた。    1972年に建てられた8階建ての同社本館には、高層階で出火した場合に備えて救助袋を常設している。救助袋は10階建てまでしか設置できないという消防法の規定があり、同社によると、9階相当の高さに設置してあるのは全国的にも珍しいという。    袋は帆布(はんぷ)でできており、長さ45㍍、重さ100㌔超。2015年から毎年、定期メンテナンスを実施する際に本館勤務の自衛消防隊員や高層階に勤務する社員を中心に、降下を体験し非常時に備えている。    訓練は、屋上に設置された箱から救助袋を取り出し、地上に投げ落とすところから始まった。地上の救出班は、投げ落とされた袋を駐車場に備え付けの器具につないで固定。社員が次々と滑り降り、地上に脱出した。    袋の角度は約45度で、秒速5~7㍍で降下することになる。職場が7階という減速機サービスグループの三戸昂志さん(24)は「高所恐怖症なので袋に入るまでは怖かったが、降りる速度は思ったより速くは感じなかった。この訓練の経験を生かし、万が一のときは率先して人命救助に当たりたい」と話した。    訓練を見守った同社の調哲美取締役常務執行役員は「災害時に被害を最小限に食い止めるには、訓練と心構えが必要。きょうを契機に避難経路などを改めて確認し、備えてほしい」と訓示した。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク