全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

厚真町で『メモリアルキャンドル』 胆振東部地震、哀悼の意

キャンドルをともし、犠牲者へ祈りをささげた参加者

 厚真町災害ボランティアセンターは、昨年9月の胆振東部地震発生から1年を迎えた6日、震災で犠牲になった人たちに哀悼の意をささげる「メモリアルキャンドル」を行った。町社会福祉協議会の職員、同センターに登録するメンバーら30人ほどが復興の思いを込めたオリジナルのキャンドルに希望の明かりをともした。

 東日本大震災で支援を受けた北海道への恩返しにと、仙台市でキャンドルナイトやキャンドル作りのワークショップを展開する「Lamp of Hope(ランプ・オブ・ホープ)」が手作りキャンドルと「一緒に頑張りましょう」「元気を出してください」とのメッセージを寄せた。代表して現地入りしたフラワースタイリストの栗林ゆかさん(48)は「自分たちの取り組みとして、人の温かな気持ちを届けたかった。前を向いてもらえたら」と被災地への思いを話した。

 セレモニーには苫小牧や札幌、岩見沢、釧路などからも参加があった。約70個のキャンドルに火をともした後、犠牲者の冥福を祈って黙とう。ボランティアメンバーとして活動している札幌市在住の高校1年生、田窪哲聖さん(16)は「地震は自然が相手なのでいつ来るか分からないが、できるだけ早く駆け付けて被災地を助けていけたら」と意欲を口にした。

 町社協の山野下誠主幹(48)は「住んでいる地域も職業も違う人たちが厚真のことを気に掛けてくれて、駆け付けてくれた。ありがたいですね」と目を細め、松田敏彦事務局長(63)は「この1年間、いろいろな出会いがあった。町民が寄り添い、支え合っていけるような町になるよう努めていきたい」と気持ちを新たにしていた。

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク