全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

長野県中川村大草の飯沼地区で行われた棚田の稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒になるようにと、期待を込めながら作業した。

同会は棚田の荒廃を防ぎ、美しい景観を守ろう―と2004年に発足。地元の農家ら22人が斜面に不規則な形で並ぶ棚田11枚(約50アール)を共同で管理している。収穫した酒米は村内の酒造会社・米澤酒造で醸造。棚田米ブランドの特別純米酒「今錦おたまじゃくし」として一般販売される。

この日は、コンバイン4台が出動して収穫。一部の田んぼでは手刈りが行われ、地元の園児や児童らが活躍した。会などによると、今年は日照不足と低温で収穫量は例年の2・5トンを下回る見込み。酒米は乾燥、精米を経て12月に仕込み、来年2月には新酒として蔵出しされるという。

坂下会長(75)は「会員の高齢化により、年々棚田を管理するのが大変になっている。毎年おいしい酒が出来上がるのを期待しながら取り組んでいる」と話していた。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク