全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

復興への思い強く 式典で犠牲者悼む-厚真、安平

約500人が参列した追悼式=7日午前、厚真町

 胆振東部地震から1年を迎えた6日と7日午前、厚真町で震災により亡くなった人を慰霊する追悼式や法要、安平町で復興への思いを新たにする式典が開かれ、多くの町民や遺族、関係者などが出席した。

 厚真町では7日午前、町総合福祉センターで地震による土砂災害などで亡くなった町民37人(災害関連死含む)をしのぶ追悼式を執り行った。遺族や町民ら約500人が参列し、犠牲者に対して哀悼の意をささげるとともに一日も早い復興を願った。

 式辞では宮坂尚市朗町長が、「再び立ち上がり、犠牲になった方々が愛したこのまちを輝かせるのが私たちの決意。遠く険しい道のりですが、託された郷土厚真の輝きを取り戻すため、町民一丸で立ち上がり復興に努める」と述べた。

 続けて鈴木直道知事が「被災した方々の課題を丁寧に受け止め、目に見える復興を進めていく」などとあいさつ。遺族、来賓、一般の順で祭壇に白菊を手向け、故人をしのんだ。

 町内美里地区の農家、鳥海満保さん(82)は昨年の土砂崩れで亡くなった早坂清さんと土地改良事業で一緒に仕事をした間柄。「若い時に一緒に働いたことを思い起こしながら式典に出席した。長いようで短い一年だった」と悲しみをこらえるように話した。

 前日の6日夕方には、町内の4寺院でつくる厚真町仏教会による物故者一周忌追悼法要が町内桜丘の専厚寺で執り行われた。犠牲者の遺族など約150人が参列し、故人をしのんで合掌した。

 同級生2人と兄を地震で亡くした苫小牧市内在住の女性(60)は「法要を通して亡くなった兄や同級生にあいさつができた気がした」と言葉少なに語った。

 安平町では同日午後、追分公民館で復興祈念式典が開かれた。町民ら約300人が胆振東部地震後、まちが歩んできた1年の記録を映像で振り返ったほか、支援に携わった185の個人や団体、企業に感謝状を贈呈。さらなる復興への決意を新たにした。

 及川秀一郎町長は、あいさつで「震災直後は職員が町内を走り回って被害状況を把握し、災害対策本部で関係機関との調整に没頭していた」と1年前を述懐。「今も不自由な生活をしている方がいる。震災前より安心して住み続けられるよう、全力で取り組む」と述べた。

 式典では、防災対策や生活復興をテーマにした講演も行われた。

関連記事

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬...

紀伊民報社

梅の新品種「星秀(せいしゅう)」

 和歌山県果樹試験場うめ研究所(みなべ町東本庄)は、梅の新品種「星秀(せいしゅう)」を開発した。品質が良い主力品種「南高」の特徴を受け継ぎながら、主要な病気の一つ「黒星病」に強く、自家受粉できる...

荘内日報社

ロシア・サンクトペテルブルク市から「第583番学校生」来酒

 ロシア第2の都市、サンクトペテルブルク市の公立小中高一環教育校「第583番学校」の教諭と生徒計5人が、29日(土)まで10泊11日の日程で酒田市を訪問している。3日目の21日午後、同校と文化・教育に関する包括...

宇部日報社

J2リーグ23日開幕へ意気込み レノファ山口

 サッカーJ2レノファ山口は21日、2020シーズンのリーグ戦開幕を前に、山口市阿知須のきらら博記念公園で記者会見を開いた。霜田正浩監督と池上丈二主将が出席し、23日の初戦に向けて意気込みを示し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク