全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわ竜、道内初新属新種に 学名は「カムイサウルス」、意味は「竜の神」

会見で発表する研究グループの関係者ら

 北海道大学やむかわ町穂別博物館などの研究グループは、むかわ町穂別地区で発見された草食恐竜のハドロサウルス科の全身骨格化石むかわ竜(通称)が新属新種に認定されたと発表した。学名は日本の竜の神を意味する「カムイサウルス・ジャポニクス」。6日に論文が英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に掲載された。

 恐竜化石が新種に認定されるのは道内初で、国内では8例目。むかわ竜は体積で8割以上も発掘された国内最大の全身骨格化石。3日にむかわ町で開かれた記者会見で、北大総合博物館の小林快次教授は「国内で一番保存状態がよい全身骨格。北海道の宝であり、日本を代表する恐竜」と語り、カムイは「神」を意味するアイヌ語から取ったことも説明した。

 論文では、北米やアジアなどで見つかっている近縁の化石70種類と骨の形などを詳細に比較した結果、むかわ竜は背骨の突起が前方に大きく傾くなど複数の固有の特徴を解明できたため、英科学誌の審査で認められた。

 さらに化石自体の分析により、9歳以上の成体で体長約8メートル、体重4~5・3トンと推定。頭部の形からとさかが付いていた可能性も指摘した。8千数百万年前から極東地域で独自に進化していた他、海の地層で見つかった近縁の化石を含めた調査からハドロサウルス科が海の近くを好んで生息していたという新たな説も示した。

 小林教授は「研究はスタートしたばかり。(むかわ竜の)生涯をもっと描いていく」と力を込めた。むかわ竜の第一発見者で、同町在住の堀田良幸さん(69)は「ここまでこられたのは、小林教授らの信念があってこそ。学名も北海道にふさわしいと感じた」と話した。むかわ町の竹中喜之町長は「日本から世界へ発信したい」と期待を寄せた。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク