全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「復興のみそぱん」新発売 厚真町産のおふくろみそ使用-三星

厚真産のみそを使用した「厚真復興のみそぱん」

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市)は5日から、胆振東部地震の復興支援の一環で厚真町産の「おふくろみそ」をパン生地に練り込んだ「厚真復興のみそぱん」(税込み160円)の販売を始めた。苫小牧市と登別市の11店舗で取り扱っている。同社は「みその売り上げ増に貢献できればうれしい」と話している。

 「おふくろみそ」はとまこまい広域農協女性部厚真支部加工部が町内のみそ加工施設で手作りする製品。地元産の大豆と米こうじに天然塩を合わせ、長時間熟成させたまろやかな風味が特徴だ。

 三星は2012年から「おふくろみそ」を使用したまんじゅう「みそまん」(税込み110円)を販売。昨年の地震の復興支援として、みそを生地に練り込んだパンを新たに開発した。

 程よい塩気としっとりした口あたりが特徴。担当者は「みそを使ったことで濃厚で奥深い味わいに仕上がった。ぜひ味わってほしい」とアピールしている。

 販売店はパン工房が併設する次の11店舗。

 ▽本店(糸井)、見山店(見山町)、新開店(新開町)、沼ノ端店(北栄町)、春日店(春日町)、中央店(旭町)、ウトナイ店(植苗)、三条通店(矢代町)、駅前店(表町)、パセオ川沿店(川沿町)、登別若草店(登別市)。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク