全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

でんぷん製造始まる 今年は10万4500トン計画 中札内

工場に到着し、貯蔵場(左奥)までベルトコンベヤーで運ばれるジャガイモ

 十勝管内で、ジャガイモを原料にしたでんぷん製造が始まっている。中札内村にある南十勝農産加工農協連(南工連)の工場では5日、ジャガイモの受け入れと加工を開始した。

 南工連は管内最大の工場で、十勝中・南部の7JAからでんぷん用品種「コナフブキ」などのジャガイモを集める。

 今年は10万4500トンの受け入れを計画。工場は11月上旬まで操業し、加工されたでんぷんは袋詰めして出荷される。

 ジャガイモの受け入れは午前7時に始まり、土や石を取り除いて洗浄し、一時貯蔵場までベルトコンベヤーで運ばれた。工場ではイモをすりつぶし、精製、乾燥して数時間ほどででんぷんに加工された。

 今年のジャガイモは、でんぷん価を示すライマン価がやや低いものの、受け入れ量は平年並みの見込み。南工連の佐藤真章参事は「受け入れ初日は緊張感がある。安全に操業して良い製品を作り、生産者に還元できればいい」と話した。

 管内では浦幌町の東部十勝農産加工農協連の工場が4日、JA士幌町が8月下旬からそれぞれ操業を始めている。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク