全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

でんぷん製造始まる 今年は10万4500トン計画 中札内

工場に到着し、貯蔵場(左奥)までベルトコンベヤーで運ばれるジャガイモ

 十勝管内で、ジャガイモを原料にしたでんぷん製造が始まっている。中札内村にある南十勝農産加工農協連(南工連)の工場では5日、ジャガイモの受け入れと加工を開始した。

 南工連は管内最大の工場で、十勝中・南部の7JAからでんぷん用品種「コナフブキ」などのジャガイモを集める。

 今年は10万4500トンの受け入れを計画。工場は11月上旬まで操業し、加工されたでんぷんは袋詰めして出荷される。

 ジャガイモの受け入れは午前7時に始まり、土や石を取り除いて洗浄し、一時貯蔵場までベルトコンベヤーで運ばれた。工場ではイモをすりつぶし、精製、乾燥して数時間ほどででんぷんに加工された。

 今年のジャガイモは、でんぷん価を示すライマン価がやや低いものの、受け入れ量は平年並みの見込み。南工連の佐藤真章参事は「受け入れ初日は緊張感がある。安全に操業して良い製品を作り、生産者に還元できればいい」と話した。

 管内では浦幌町の東部十勝農産加工農協連の工場が4日、JA士幌町が8月下旬からそれぞれ操業を始めている。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク