全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加屋真島の浚渫工事断念 予定地は貴重な漁場 竹富町が計画を見直し

竹富町が周辺航路のしゅんせつ工事を計画していた加屋真島(手前)と小浜島(左奥)の間。八重山漁協の不承認を受け断念した=2019年3月(資料写真)

 今年度に着工を予定していた加屋真島周辺航路のしゅんせつ工事を、竹富町が断念したことが4日までに分かった。併せて島の船着き場建設も大幅に計画を見直す必要があり、関係機関と協議していく。

 町と八重山漁業協同組合によると、しゅんせつ予定地は貴重な漁場のため、漁業者から海流や生態系の変化を懸念する声が上り、計画案は6月に開催した八重山漁協の理事会で不承認となった。

 工事計画は、浅瀬が広がる島の南側2カ所を約750㍍、水深2~2・5㍍をしゅんせつするもの。町は、総トン数19㌧の旅客船の航行で輸送面で人や物資の利便性向上を見込み、「マリンレジャーを中心に島の自然資源を生かした観光事業の活性化が予想される」と期待していた。

 ただ、しゅんせつ予定地周辺は、もずく養殖海域や漁場があり、サンゴ1409群体も生息。理事会では、魚の減少や自然環境への影響を理由に認めなかった。

 八重山漁協は桟橋建設についても「構造物が海域へ影響を与える」と危惧。町は計画の変更案を漁協に示したが、承認されなかった。

 町は、工事の総事業費約4億5000万円を見込み、今年度当初予算にしゅんせつ工事費1億3000万円を計上しているが、変更を余儀なくされそうだ。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク