全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋小沢小で「小島梨」皮むき大会

 豊橋市立小沢小学校で3日、恒例のナシの皮むき大会が開かれた。地元の特産物「小島梨」を使い、全校児童約110人がむいた皮の長さを学年ごとに競った。

 校区の小島梨組合が旬のナシ「豊水」を提供。児童たちは、夏休みに「長くむく」「きれいにむく」などを目標に家庭などで練習を重ね、本番に臨んだ。  組合の人の話や、小島梨について調べた児童たちの発表後、大会がスタート。教室内は緊張感が漂い、児童たちは45分の制限時間の中、精神を集中させて慎重に皮をむいていた。6年生は金子依楓(いぶき)君が10㍍81㌢で5年生の時に続き2年連続で1位、今年の校内チャンピオンになった。弟の2年・湊音(みなと)君も、3㍍23㌢で1年生に続き1位になった。  依楓君は「どうやったら細く長くむけるか研究し、8月からむく練習をした。歴代最高記録の13㍍18㌢を抜くのが目標だったが、10㍍を超えられ、満足しています。弟にもこつを教えました」と笑顔で話した。  大会は、刃物の正しい使い方を知るとともに、地元の特産品に触れる機会などとして続けられ、今年で22回目を迎えたが、むいた皮の長さを競うのは今回で終了。保護者や梨農家、地域の人の意見を聞いて決め、来年度からはきれいにむき、おいしく小島梨を味わうことのできる行事にする。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク