全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ボウズハゼ駅長川へ帰る

〝任期〟を終え川へ返されるボウズハゼ(古座川町小川で)

 和歌山県古座川町小川、道の駅「瀧之拝太郎」にある水槽で7月21日から飼育されていたボウズハゼ5匹が1日、〝駅長〟などの〝任期〟を終え、近くの川へ元気に帰って行った。

 小川にある県の名勝・天然記念物「滝の拝」では、7月下旬から9月末ごろまで岩壁を群れになって登るボウズハゼの姿が見られ、その姿をひと目見ようと多くの観光客やアマチュアカメラマンが訪れる。メディアで取り上げられるなど人気で、遠方から見に来る観光客もいるが、川の状態が悪く見られない時もあることから、町公民館小川分館の尾添宏進分館長(58)が、今年から子どもたちが多く訪れる夏休み限定で飼育していた。
 尾添分館長が、アユの友釣りをする知人から譲り受けた5匹のうち、体長約15センチと一番大きく元気なものを〝駅長〟に任命。体長10センチほどの残り4匹も隣の水槽で〝駅員〟として飼育していた。
 餌は川の石に付いたコケで、尾添分館長が3日に1度のペースで近くの川で石を探して交換した。5匹はこのコケを常に完食していたという。
 川へ帰っていくボウズハゼを見送った尾添分館長は「ボウズハゼには『ありがとう』という気持ち。来年も道の駅で飼育したい」と話していた。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク