全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幻の橋撮影「集大成」 タウシュベツ写真集出版 上士幌・岩崎さん

崩れゆくタウシュベツ川橋梁の姿を撮影し続け、写真集としてまとめた岩崎さん

 上士幌町在住の写真家岩崎量示さん(38)が1月25日、町内のぬかびら源泉郷・糠平ダム湖内にあるタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)を扱った写真集を出版した。旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の一つで、歳月の流れとともに崩れゆく橋梁の姿を収めた一冊で、岩崎さんは「これまでの撮影してきた活動の、一つの集大成」と話している。

 岩崎さんは埼玉県出身。立教大学経済学部経営学科卒業。北海道での暮らしに憧れて2005年に同町へ移住した。移住後に橋梁の存在を知り、崩れてなくなるまでを記録しようと思い立ち、撮影を開始。週に1、2度ほど撮影し、その過程で写真技術を学んだ。橋梁などを扱った写真集は15年と16年にそれぞれクラウドファンディングを通じて自費出版しており、今回で3冊目となる。

 今回の写真集「タウシュベツ川橋梁」は05年から昨年まで12年以上にわたって撮影してきた写真の中から8000枚ほど選び、編集者との打ち合わせを通じて約60点まで厳選した。

 水位が上がる夏から秋にかけての、湖面に合わせ鏡のように映し出される姿や、濃霧の中で幻想的な雰囲気を醸し出す1枚など、同橋梁のさまざまな時間や天候、季節の中で見せる様子を収録している。

 橋梁は風化による崩壊の可能性が指摘されており、岩崎さんは「昨年と同じ時期に撮影しても同じものは撮影できない。あす(橋梁が)崩れてもおかしくない状況が続く中、本の形にすることができてよかった」と話している。

 同写真集はA4変形サイズ、112ページ。書店やインターネットなどで2430円で発売中。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク