全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙事業にトヨタの経験 元副社長の加藤氏 大樹を支援

 大樹町内でのロケット発射場整備を目指す「北海道航空宇宙企画」(社長・酒森正人大樹町長、略称HAP)の顧問に就任した元トヨタ自動車副社長で、豊田中央研究所(愛知県長久手市)の加藤光久会長が2日、十勝毎日新聞社のインタビューに応じた。加藤氏は「夢を描く人たちに対して、私も夢を描き、ぜひ仲間にしてもらいたかった」と語り、全面的に支援する意向を強調した。

インタビューに応じる加藤会長

HAP顧問
 HAPは、インターステラテクノロジズ(IST、大樹町、稲川貴大社長)が開発中の人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」などを打ち上げる射場の整備に向けて6月に発足した。事業計画を策定し、運営会社に移行する。加藤氏は8月に顧問に就任した。

 加藤氏は2017年に大樹町を視察しており、「30年以上の航空宇宙基地誘致の取り組みに驚いた。このまま終わらせてはいけないと思った。(ISTは)若い人たちが情熱を持って取り組んでいる」と語った。

「夢があった」
 北海道経済連合会(道経連)が2月に発表した宇宙産業ビジョンでは、大樹を核に「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指すとしており、「夢やストーリーがあった」と賛同の決定打になったと述べた。

 顧問としては「自動車開発のチーフエンジニアを務めたころのように、一つのチームをまとめるためのアドバイスはできる。射場づくりのビジョンを進めたい」と意欲を示した。

方向性は合致
 トヨタグループの支援については、「ある段階に来たら、グループ各社に取り組みを説明し、理解してもらうことで寄付を募ることなどはできる」とした。11月に来道し、大樹町を訪問、鈴木直道知事と面会し思いを伝えたいとした。

 トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)による有人月面車の開発プロジェクトにも触れ、「トヨタ自動車はモビリティー(移動性、移動手段)カンパニーを目指している。移動手段は車だけとは限らず、未来ではロケットなども含まれる」と述べ、宇宙分野への協力はトヨタグループの方向性と合致していることも示した。

<加藤光久氏>
 旭川市出身。北大工学部卒。1975年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。カローラ、クラウンの開発を担当、2017年4月までの約5年間、副社長を務めた。16年4月から現職。元自動車技術会会長。66歳。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

紀伊民報社

冬の海辺に黄色い花 キノクニシオギク

 和歌山県紀南の海辺で、キノクニシオギク(キク科)が黄色い花を咲かせている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。  紀伊半島に自生する野生のキクで、シオギクとイソギクの自然交雑群と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク