全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙事業にトヨタの経験 元副社長の加藤氏 大樹を支援

 大樹町内でのロケット発射場整備を目指す「北海道航空宇宙企画」(社長・酒森正人大樹町長、略称HAP)の顧問に就任した元トヨタ自動車副社長で、豊田中央研究所(愛知県長久手市)の加藤光久会長が2日、十勝毎日新聞社のインタビューに応じた。加藤氏は「夢を描く人たちに対して、私も夢を描き、ぜひ仲間にしてもらいたかった」と語り、全面的に支援する意向を強調した。

インタビューに応じる加藤会長

HAP顧問
 HAPは、インターステラテクノロジズ(IST、大樹町、稲川貴大社長)が開発中の人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」などを打ち上げる射場の整備に向けて6月に発足した。事業計画を策定し、運営会社に移行する。加藤氏は8月に顧問に就任した。

 加藤氏は2017年に大樹町を視察しており、「30年以上の航空宇宙基地誘致の取り組みに驚いた。このまま終わらせてはいけないと思った。(ISTは)若い人たちが情熱を持って取り組んでいる」と語った。

「夢があった」
 北海道経済連合会(道経連)が2月に発表した宇宙産業ビジョンでは、大樹を核に「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指すとしており、「夢やストーリーがあった」と賛同の決定打になったと述べた。

 顧問としては「自動車開発のチーフエンジニアを務めたころのように、一つのチームをまとめるためのアドバイスはできる。射場づくりのビジョンを進めたい」と意欲を示した。

方向性は合致
 トヨタグループの支援については、「ある段階に来たら、グループ各社に取り組みを説明し、理解してもらうことで寄付を募ることなどはできる」とした。11月に来道し、大樹町を訪問、鈴木直道知事と面会し思いを伝えたいとした。

 トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)による有人月面車の開発プロジェクトにも触れ、「トヨタ自動車はモビリティー(移動性、移動手段)カンパニーを目指している。移動手段は車だけとは限らず、未来ではロケットなども含まれる」と述べ、宇宙分野への協力はトヨタグループの方向性と合致していることも示した。

<加藤光久氏>
 旭川市出身。北大工学部卒。1975年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。カローラ、クラウンの開発を担当、2017年4月までの約5年間、副社長を務めた。16年4月から現職。元自動車技術会会長。66歳。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク