全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙事業にトヨタの経験 元副社長の加藤氏 大樹を支援

 大樹町内でのロケット発射場整備を目指す「北海道航空宇宙企画」(社長・酒森正人大樹町長、略称HAP)の顧問に就任した元トヨタ自動車副社長で、豊田中央研究所(愛知県長久手市)の加藤光久会長が2日、十勝毎日新聞社のインタビューに応じた。加藤氏は「夢を描く人たちに対して、私も夢を描き、ぜひ仲間にしてもらいたかった」と語り、全面的に支援する意向を強調した。

インタビューに応じる加藤会長

HAP顧問
 HAPは、インターステラテクノロジズ(IST、大樹町、稲川貴大社長)が開発中の人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」などを打ち上げる射場の整備に向けて6月に発足した。事業計画を策定し、運営会社に移行する。加藤氏は8月に顧問に就任した。

 加藤氏は2017年に大樹町を視察しており、「30年以上の航空宇宙基地誘致の取り組みに驚いた。このまま終わらせてはいけないと思った。(ISTは)若い人たちが情熱を持って取り組んでいる」と語った。

「夢があった」
 北海道経済連合会(道経連)が2月に発表した宇宙産業ビジョンでは、大樹を核に「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指すとしており、「夢やストーリーがあった」と賛同の決定打になったと述べた。

 顧問としては「自動車開発のチーフエンジニアを務めたころのように、一つのチームをまとめるためのアドバイスはできる。射場づくりのビジョンを進めたい」と意欲を示した。

方向性は合致
 トヨタグループの支援については、「ある段階に来たら、グループ各社に取り組みを説明し、理解してもらうことで寄付を募ることなどはできる」とした。11月に来道し、大樹町を訪問、鈴木直道知事と面会し思いを伝えたいとした。

 トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)による有人月面車の開発プロジェクトにも触れ、「トヨタ自動車はモビリティー(移動性、移動手段)カンパニーを目指している。移動手段は車だけとは限らず、未来ではロケットなども含まれる」と述べ、宇宙分野への協力はトヨタグループの方向性と合致していることも示した。

<加藤光久氏>
 旭川市出身。北大工学部卒。1975年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。カローラ、クラウンの開発を担当、2017年4月までの約5年間、副社長を務めた。16年4月から現職。元自動車技術会会長。66歳。

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク