全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三谷水産高がウナギ生息調査

 蒲郡市の県立三谷水産高校(丸﨑敏夫校長)は今年度、学校西側を流れる西田川の河口近くでニホンウナギの生息調査を行っている。川の中に「石倉カゴ増殖礁」を設置し、ウナギのすみかとして効果があるのかを調べている。2日には40匹ほどカゴの中にいたのを確認した。  同校はウナギの資源保護と完全養殖化に向けた基礎研究を行っており、その一環として6月に石倉カゴ(縦、横それぞれ1㍍、高さ50㌢)を設置した。カゴの中には石を詰めてウナギだけでなくエサもすみつくのかを調べている。  2日には水産増殖学専門で石倉カゴを開発した九州大学農学研究院の望岡典隆准教授とカゴの生産に携わる静岡県のフタバコーケン社員の伏見直基さんが同校海洋資源科生徒と一緒に作業をした。  作業では新しいカゴを設置して中の石を移し替えて、6月に設置のカゴ内の生物を観察した。

 すでに設置していたカゴの中には30㌢以上に育ったウナギが40匹ほど生息していたほか、ゴカイやエビなどもいたことを確認。ウナギはマーキングして再び放流した。  望岡准教授は「石倉カゴは河川環境の変化により、すみかを失ったウナギの減少に効果が期待される。生徒たちには調査を継続してウナギの生息状況を研究してもらえれば」と話した。

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク