全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三谷水産高がウナギ生息調査

 蒲郡市の県立三谷水産高校(丸﨑敏夫校長)は今年度、学校西側を流れる西田川の河口近くでニホンウナギの生息調査を行っている。川の中に「石倉カゴ増殖礁」を設置し、ウナギのすみかとして効果があるのかを調べている。2日には40匹ほどカゴの中にいたのを確認した。  同校はウナギの資源保護と完全養殖化に向けた基礎研究を行っており、その一環として6月に石倉カゴ(縦、横それぞれ1㍍、高さ50㌢)を設置した。カゴの中には石を詰めてウナギだけでなくエサもすみつくのかを調べている。  2日には水産増殖学専門で石倉カゴを開発した九州大学農学研究院の望岡典隆准教授とカゴの生産に携わる静岡県のフタバコーケン社員の伏見直基さんが同校海洋資源科生徒と一緒に作業をした。  作業では新しいカゴを設置して中の石を移し替えて、6月に設置のカゴ内の生物を観察した。

 すでに設置していたカゴの中には30㌢以上に育ったウナギが40匹ほど生息していたほか、ゴカイやエビなどもいたことを確認。ウナギはマーキングして再び放流した。  望岡准教授は「石倉カゴは河川環境の変化により、すみかを失ったウナギの減少に効果が期待される。生徒たちには調査を継続してウナギの生息状況を研究してもらえれば」と話した。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク