全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三谷水産高がウナギ生息調査

 蒲郡市の県立三谷水産高校(丸﨑敏夫校長)は今年度、学校西側を流れる西田川の河口近くでニホンウナギの生息調査を行っている。川の中に「石倉カゴ増殖礁」を設置し、ウナギのすみかとして効果があるのかを調べている。2日には40匹ほどカゴの中にいたのを確認した。  同校はウナギの資源保護と完全養殖化に向けた基礎研究を行っており、その一環として6月に石倉カゴ(縦、横それぞれ1㍍、高さ50㌢)を設置した。カゴの中には石を詰めてウナギだけでなくエサもすみつくのかを調べている。  2日には水産増殖学専門で石倉カゴを開発した九州大学農学研究院の望岡典隆准教授とカゴの生産に携わる静岡県のフタバコーケン社員の伏見直基さんが同校海洋資源科生徒と一緒に作業をした。  作業では新しいカゴを設置して中の石を移し替えて、6月に設置のカゴ内の生物を観察した。

 すでに設置していたカゴの中には30㌢以上に育ったウナギが40匹ほど生息していたほか、ゴカイやエビなどもいたことを確認。ウナギはマーキングして再び放流した。  望岡准教授は「石倉カゴは河川環境の変化により、すみかを失ったウナギの減少に効果が期待される。生徒たちには調査を継続してウナギの生息状況を研究してもらえれば」と話した。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク