全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝2例目のアンモナイト化石 浦幌町茂川流布白亜紀層で

採集したアンモナイト化石が入った泥岩を持つ佐藤准教授(手前)

 浦幌町茂川流布の「K/Pg境界」露出地点の近くで行った調査で、クビナガリュウの研究で知られる東京学芸大の佐藤たまき准教授が、アンモナイトの化石を発見した。アンモナイトの化石が十勝管内で発見されるのは、2012年に同じ茂川流布で見つかって以来2例目。

 調査は8月29、30日、佐藤准教授、足寄動物化石博物館の澤村寛館長、穂別博物館(胆振管内むかわ町)の西村智弘学芸員、むかわ町職員の太田晶さんの4人で行った。

 29日に茂川流布川流域で脊椎動物の化石を探そうとサントニアン期(8600万~8300万年前)ごろの地層を調べていたところ、「K/Pg境界」の下流域で、佐藤准教授がしま模様の付いた泥岩を発見した。アンモナイト化石はむかわ町で数多く発見されており、同町で研究する西村学芸員らがアンモナイトと確認、2日間かけて採集した。

 発見したアンモナイトの化石は異常巻きと呼ばれる種類。12年に発見したものより約200万~400万年ほど前、6800万~7000万年前の白亜紀のものとみられる。佐藤准教授は「道内は白亜紀の化石が多く見つかっており、この時代にどういった生き物が存在したかを知る資料になる」と述べていた。

発見されたアンモナイト化石(白線内、佐藤准教授提供)

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク