全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝2例目のアンモナイト化石 浦幌町茂川流布白亜紀層で

採集したアンモナイト化石が入った泥岩を持つ佐藤准教授(手前)

 浦幌町茂川流布の「K/Pg境界」露出地点の近くで行った調査で、クビナガリュウの研究で知られる東京学芸大の佐藤たまき准教授が、アンモナイトの化石を発見した。アンモナイトの化石が十勝管内で発見されるのは、2012年に同じ茂川流布で見つかって以来2例目。

 調査は8月29、30日、佐藤准教授、足寄動物化石博物館の澤村寛館長、穂別博物館(胆振管内むかわ町)の西村智弘学芸員、むかわ町職員の太田晶さんの4人で行った。

 29日に茂川流布川流域で脊椎動物の化石を探そうとサントニアン期(8600万~8300万年前)ごろの地層を調べていたところ、「K/Pg境界」の下流域で、佐藤准教授がしま模様の付いた泥岩を発見した。アンモナイト化石はむかわ町で数多く発見されており、同町で研究する西村学芸員らがアンモナイトと確認、2日間かけて採集した。

 発見したアンモナイトの化石は異常巻きと呼ばれる種類。12年に発見したものより約200万~400万年ほど前、6800万~7000万年前の白亜紀のものとみられる。佐藤准教授は「道内は白亜紀の化石が多く見つかっており、この時代にどういった生き物が存在したかを知る資料になる」と述べていた。

発見されたアンモナイト化石(白線内、佐藤准教授提供)

関連記事

宇部日報社

「歓喜の歌」高らかに 記念会館でHAPPY END2019【宇部】

 「第九『歓喜の歌』でHAPPY END2019」は15日、宇部市の記念会館であり、137人の市民合唱団と宇部市民オーケストラを中心にした管弦楽団54人の音色が、ホールいっぱいに響きわたった。第...

陸別町のキャラが菓子に たい焼き風

 商業活性化施設コミュニティプラザ☆ぷらっと内のコミュニティスペースぷらっと広場で営業する「K’Sキッチン・陸別ラーメン」は、陸別町のマスコットキャラクターをかたどった「しばれくん・つららちゃん焼...

釧路新聞社

白糠に地熱開発専門学校【白糠】

再生可能エネルギーを活用した事業で地域活性化に取り組む「町おこしエネルギー」(兵庫県加古川市・沼田昭二社長)は、地熱開発の掘削技術者を養成する全国初の「掘削技術専門学校」を白糠町の釧白工業団地内...

空のお仕事楽しく学ぶ 36組72人の親子が参加 ANA石垣島就航30周年記念

 全日空(ANA)の石垣島就航30周年を記念したイベント「羽ばたく輝く ひこうき教室」(全日本空輸㈱石垣支店など主催)が14日、南ぬ島石垣空港旅客ターミナルで行われ、36組72人の親子が航空会社の仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク