全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

南海トラフ地震発生を想定した豊川市総合防災訓練

 豊川市は1日、陸上自衛隊豊川駐屯地訓練場を主会場に総合防災訓練を実施した。静岡、三重県沖を震源とするマグニチュード9・0(最大震度7)の南海トラフ地震が発生したと想定。行政や企業、住民組織など44機関・団体から約1000人と、関係車両約50台が参加した。  地震が発生したとする午前8時31分、市内に一斉にサイレンが鳴り響き、訓練開始。がれきの崩落によって埋もれた車からの救出訓練では、実際に乗用車を使って消防隊らが救出活動を展開。工具を使ってフロント部分をこじ開け、中から被災者を救出した。  自衛隊員らによる救出活動や物資運搬、中部電力豊川営業所による電力復旧や、豊川建設業協会や豊川造園建設協同組合による陥没道路の補修や倒木の除去作業も行われた。  市民らによる消火器を使った初期消火や、担架を使った負傷者搬送応急処置、非常食作りも実施。情報提供や避難所への物資供給の観点では市と災害協定を締結する各企業も参加し、Gテクノは太陽光発電の自立式移動型トイレ、セッツカートンは段ボールで組み立てる避難所用ベッド、市内の畳店は避難所向けの畳を供給。Aコープあいちによる御油小学校への食糧調達も行われた。  訓練は御津町と小坂井地区の津波浸水想定区域でも同時進行され、各地で住民らの避難訓練が行われた。  講評で、山脇実市長は「各自が的確で迅速に取り組んでくれて、心強く感じた。災害が起きた時には、行政による公助には限界がある。安心安全なまちづくりのために、市民が共助の意識を持ってほしい」と呼び掛けた。

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク