全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

南海トラフ地震発生を想定した豊川市総合防災訓練

 豊川市は1日、陸上自衛隊豊川駐屯地訓練場を主会場に総合防災訓練を実施した。静岡、三重県沖を震源とするマグニチュード9・0(最大震度7)の南海トラフ地震が発生したと想定。行政や企業、住民組織など44機関・団体から約1000人と、関係車両約50台が参加した。  地震が発生したとする午前8時31分、市内に一斉にサイレンが鳴り響き、訓練開始。がれきの崩落によって埋もれた車からの救出訓練では、実際に乗用車を使って消防隊らが救出活動を展開。工具を使ってフロント部分をこじ開け、中から被災者を救出した。  自衛隊員らによる救出活動や物資運搬、中部電力豊川営業所による電力復旧や、豊川建設業協会や豊川造園建設協同組合による陥没道路の補修や倒木の除去作業も行われた。  市民らによる消火器を使った初期消火や、担架を使った負傷者搬送応急処置、非常食作りも実施。情報提供や避難所への物資供給の観点では市と災害協定を締結する各企業も参加し、Gテクノは太陽光発電の自立式移動型トイレ、セッツカートンは段ボールで組み立てる避難所用ベッド、市内の畳店は避難所向けの畳を供給。Aコープあいちによる御油小学校への食糧調達も行われた。  訓練は御津町と小坂井地区の津波浸水想定区域でも同時進行され、各地で住民らの避難訓練が行われた。  講評で、山脇実市長は「各自が的確で迅速に取り組んでくれて、心強く感じた。災害が起きた時には、行政による公助には限界がある。安心安全なまちづくりのために、市民が共助の意識を持ってほしい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク