全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

砥鹿神社特別参拝と魅力散策

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は30日、おもてなしプロジェクトとして、豊川市一宮町の三河国一宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)でセミナー「もっと知りたい 特別参拝と魅力散策」を開催し、子どもからお年寄りまで32人が参加した。  参加者は神楽を用いた正式な祈とうを受けた後、同神社の三宅勝晴さんの案内で、普段は神庫内に眠っている神具や刀などに実際に触れて歴史を堪能した。神具を身に着けて写真撮影を楽しむ子どもたちもいた。  境内での散策では、「神様の庭」と呼ばれる中庭で、1971(昭和46)年に故・高松宮宣仁親王さまらによって植樹された2本のナギの木を紹介。日本一の大きさとされる高さ2・6㍍、幅3・4㍍のさざれ石も案内され、三宅さんが安産や幸福にご利益があることを明かすと、女性らは石に手を触れていた。絵馬にそれぞれの願い事などを書き記し、奉納する時間も設けられた。  毎年初詣に訪れている坂上千恩(ちおん)君(10)は「普段見られないお宝に触れたので、とても勉強になりました」と笑顔。佐野あいのさん(68)は「神庫の存在を知らず、今回参加できて大変光栄です」と話していた。  セミナーは5年前から続くプロジェクトの一環で、市民にも観光客をおもてなす心を育んでもらおうと市内のさまざまな歴史遺産や観光スポットで毎年開催している。

関連記事

豊橋の二川舞台に動画制作学ぶ

 「二川を撮る、二川で撮る」をコンセプトに映像制作を学ぶ「二川ショートムービー動画塾」が21日、江戸時代の東海道の面影が残る豊橋市二川町で行われた。「ええじゃないか豊橋映画祭2019」グランプ...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

「なつぞら」天陽君にさよならを 帯広・真鍋庭園に献花台

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロケセットを展示する帯広市内の真鍋庭園に4日、劇中で死去した青年画家山田天陽の献花台が設置された。同日午前からなつぞらファンが訪れ、“別れ”を惜しんでいる。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク