全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

砥鹿神社特別参拝と魅力散策

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は30日、おもてなしプロジェクトとして、豊川市一宮町の三河国一宮・砥鹿神社(岩崎和夫宮司)でセミナー「もっと知りたい 特別参拝と魅力散策」を開催し、子どもからお年寄りまで32人が参加した。  参加者は神楽を用いた正式な祈とうを受けた後、同神社の三宅勝晴さんの案内で、普段は神庫内に眠っている神具や刀などに実際に触れて歴史を堪能した。神具を身に着けて写真撮影を楽しむ子どもたちもいた。  境内での散策では、「神様の庭」と呼ばれる中庭で、1971(昭和46)年に故・高松宮宣仁親王さまらによって植樹された2本のナギの木を紹介。日本一の大きさとされる高さ2・6㍍、幅3・4㍍のさざれ石も案内され、三宅さんが安産や幸福にご利益があることを明かすと、女性らは石に手を触れていた。絵馬にそれぞれの願い事などを書き記し、奉納する時間も設けられた。  毎年初詣に訪れている坂上千恩(ちおん)君(10)は「普段見られないお宝に触れたので、とても勉強になりました」と笑顔。佐野あいのさん(68)は「神庫の存在を知らず、今回参加できて大変光栄です」と話していた。  セミナーは5年前から続くプロジェクトの一環で、市民にも観光客をおもてなす心を育んでもらおうと市内のさまざまな歴史遺産や観光スポットで毎年開催している。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク