全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤鬼と天狗のからかい

ハイライトの「からかい」行事を行う赤鬼と天狗=安久美神戸神明社で

 春を呼び込む奇祭「豊橋鬼祭」が11日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社(平石雅康宮司)で前日に続き行われ、神事や飴(あめ)まきを楽しもうと大勢の人々でにぎわった。  前日と打って変わって冷たい風が吹く中、午後2時から、祭りのハイライト「赤鬼と天狗のからかい」が行われた。豊作や無病息災を願って行われる神事。たくさんの見物客が取り囲む境内の参道で、左手には撞木(しゅもく)を持った赤鬼と、武具をまとい薙刀(なぎなた)を構えた天狗の「からかい」が始まった。  ユーモラスな振舞いで天狗に挑戦する赤鬼と毅然と押し返す天狗。進退を繰り返し、赤鬼は天狗にかなわず、守りを務める若者集らと「アーカーイ」と叫びながら供え物としたタンキリ飴と白い粉をまいた。詰めかけた人たちは、食べると厄よけで夏病みをしないとされる飴をまかれた粉で真っ白になりながら拾い集めた。  友達同士で、着ていたダウンジャケットや髪まで真っ白になって飴を拾った豊橋市立松葉小学校3年の岡田百果さん(9)と夏目るみさん(9)。2人とも初めてで、袋いっぱいのタンキリ飴を拾った。岡田さんは「粉まみれになってもいいから、頑張って取った。でも、こんな真っ白になるとは思わなかった」とびっくり。「飴を食べて、病気をせずにいっぱい遊びたい」と話した。夏目さんも一番前で拾っていて真っ白に。人の多さに驚いたという。「今年も元気に過ごしたい」とほほ笑んだ。  常滑市に滞在中で米国出身のデイビット・ラインズさん(66)も「鬼祭」は初めてだという。「赤鬼や天狗、白い粉、すべて面白かった」。タンキリ飴のことを聞き「最近元気がないから、これを食べて元気になりたい」と冗談交じりに話した。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク