全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤鬼と天狗のからかい

ハイライトの「からかい」行事を行う赤鬼と天狗=安久美神戸神明社で

 春を呼び込む奇祭「豊橋鬼祭」が11日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社(平石雅康宮司)で前日に続き行われ、神事や飴(あめ)まきを楽しもうと大勢の人々でにぎわった。  前日と打って変わって冷たい風が吹く中、午後2時から、祭りのハイライト「赤鬼と天狗のからかい」が行われた。豊作や無病息災を願って行われる神事。たくさんの見物客が取り囲む境内の参道で、左手には撞木(しゅもく)を持った赤鬼と、武具をまとい薙刀(なぎなた)を構えた天狗の「からかい」が始まった。  ユーモラスな振舞いで天狗に挑戦する赤鬼と毅然と押し返す天狗。進退を繰り返し、赤鬼は天狗にかなわず、守りを務める若者集らと「アーカーイ」と叫びながら供え物としたタンキリ飴と白い粉をまいた。詰めかけた人たちは、食べると厄よけで夏病みをしないとされる飴をまかれた粉で真っ白になりながら拾い集めた。  友達同士で、着ていたダウンジャケットや髪まで真っ白になって飴を拾った豊橋市立松葉小学校3年の岡田百果さん(9)と夏目るみさん(9)。2人とも初めてで、袋いっぱいのタンキリ飴を拾った。岡田さんは「粉まみれになってもいいから、頑張って取った。でも、こんな真っ白になるとは思わなかった」とびっくり。「飴を食べて、病気をせずにいっぱい遊びたい」と話した。夏目さんも一番前で拾っていて真っ白に。人の多さに驚いたという。「今年も元気に過ごしたい」とほほ笑んだ。  常滑市に滞在中で米国出身のデイビット・ラインズさん(66)も「鬼祭」は初めてだという。「赤鬼や天狗、白い粉、すべて面白かった」。タンキリ飴のことを聞き「最近元気がないから、これを食べて元気になりたい」と冗談交じりに話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク