全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠城下まつり 50回記念手ぬぐい製作

50回の節目を記念して実行委員会が作った「高遠城下まつり」の手ぬぐい

 長野県伊那市高遠町の「高遠城下まつり」は9月7日、町中心部のご城下通り(本通り)を歩行者天国にして行われる。前身の「絵島まつり」から数えて50回目となり、実行委員会では、高遠の歴史や自然をデザインした記念手ぬぐいを製作。まつり当日に町民踊り参加者に配るほか、会場で一般販売する。花火大会でも特別プログラムを行って節目を盛大に祝う。

 記念手ぬぐいは、旧高遠町の町章の色でもあるえんじでデザイン。高遠閣や絵島囲み屋敷、桜の花、石仏などの絵を組み合わせて「高遠」の文字を作った。絵島まつりが始まった年の「一九六七」と今年の「二〇一九」、旧町章と伊那市の市章を入れ、まつりの歴史も詰め込んだ。

 約2000本作り、うち500本を会場で販売する。1本300円。平日は市高遠町総合支所の高遠商工観光課で取り扱い、すでに販売を始めている。

 まつりは午後1時から。仲町駐車場に設ける「おまつり広場」と周辺の通りで、孤軍高遠城や高遠太鼓、高遠ばやしなどの伝統芸能を繰り広げる。フィナーレを飾る花火は同7時半から。50回記念として音楽花火を初めて行い、高遠町町歌に乗せて夜空に大輪の花を咲かせる。打ち上げ数は昨年より約150発多い427発を予定している。

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク