全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新情報加え写真集リニューアル

 昨年1月まで本紙・荘内日報に連載していた「森の時間―山形大学農学部からみなさんへ」の写真を担当した自然写真家、斎藤政広さん(70)=酒田市日吉町一丁目=が、鳥海山に咲く花140種を写真と文章で紹介した写真集「鳥海山花図鑑」(みちのく書房)=写真=を発刊した。

 斎藤さんは横浜市出身で、1984年に酒田に移り住んだ。主として庄内地域の自然をモチーフにした作品を撮り続けており、中でも「鳥海山とブナ」をテーマにした作品には定評がある。毎年4―5月に市内で個展を開催、酒田に新緑の季節到来を告げる風物詩となっている。主な著書・写真集に「鳥海山・ブナの森の物語」(無明舎出版)、「ブナの声」シリーズ(自費出版)などがある。

 今回の写真集は、2010年に刊行した「鳥海山花図鑑」を全面リニューアルしたもので、既刊に20種加え、さらに新たな情報を盛り込んでいる。鳥海山に咲く花140種の和名や別名、学名とともに、分布、観察に役立つ情報も収録。色別に記載しているのが特徴となっている。「花の栞」と題したコラムも掲載した。

 鳥海山を代表する「チョウカイフスマ」の項目では、草丈、花期、学名といった情報の他、「その美しい花の形から学校の校章にも多く採用されています。高山帯の岩場や砂れき地をはじめ、岩の割れ目などでも見られるように根が深く、他の植物が入り込めないような過酷な環境の中でも生きていくことができるたくましさをもった花です。多年草」などと記している。

 四六判、160㌻。オールカラー。1700円(税別)。本書に関する問い合わせは

鳥海山に咲く花を網羅した斎藤さんの新刊「鳥海山花図鑑」

斎藤さん=電0234(23)3822=へ。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク