全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新情報加え写真集リニューアル

 昨年1月まで本紙・荘内日報に連載していた「森の時間―山形大学農学部からみなさんへ」の写真を担当した自然写真家、斎藤政広さん(70)=酒田市日吉町一丁目=が、鳥海山に咲く花140種を写真と文章で紹介した写真集「鳥海山花図鑑」(みちのく書房)=写真=を発刊した。

 斎藤さんは横浜市出身で、1984年に酒田に移り住んだ。主として庄内地域の自然をモチーフにした作品を撮り続けており、中でも「鳥海山とブナ」をテーマにした作品には定評がある。毎年4―5月に市内で個展を開催、酒田に新緑の季節到来を告げる風物詩となっている。主な著書・写真集に「鳥海山・ブナの森の物語」(無明舎出版)、「ブナの声」シリーズ(自費出版)などがある。

 今回の写真集は、2010年に刊行した「鳥海山花図鑑」を全面リニューアルしたもので、既刊に20種加え、さらに新たな情報を盛り込んでいる。鳥海山に咲く花140種の和名や別名、学名とともに、分布、観察に役立つ情報も収録。色別に記載しているのが特徴となっている。「花の栞」と題したコラムも掲載した。

 鳥海山を代表する「チョウカイフスマ」の項目では、草丈、花期、学名といった情報の他、「その美しい花の形から学校の校章にも多く採用されています。高山帯の岩場や砂れき地をはじめ、岩の割れ目などでも見られるように根が深く、他の植物が入り込めないような過酷な環境の中でも生きていくことができるたくましさをもった花です。多年草」などと記している。

 四六判、160㌻。オールカラー。1700円(税別)。本書に関する問い合わせは

鳥海山に咲く花を網羅した斎藤さんの新刊「鳥海山花図鑑」

斎藤さん=電0234(23)3822=へ。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク