全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元食材でご飯のお供

 庄内町立谷沢川流域活動センター「タチラボ」で活動する地域おこし協力隊の3人が、同流域産の農産物を食材にした新商品「庄内町のかねばネバネバシャキシャキ野菜」を開発し、24日に同町のクラッセ夏の感謝祭「クラビア」で試食販売した。山形の郷土料理「だし」をヒントに、しょうゆベースにしてピリ辛のアクセントでアレンジした。今週末の31日と9月1日にもクラッセ内「なんでもバザールあっでば」で販売する。

 開発したのは伊計麻衣子さん(32)、高木和馬さん(28)、西尾真生さん(22)の3人。同流域産のキュウリ、ナス、オオバ、ミョウガの夏野菜を食材に、地元で親しまれている老舗しょうゆ店のだしじょうゆ、乾燥昆布、トウガラシを加えてネバネバ感を増してピリ辛に仕上げた。庄内弁の「かねばね(食べなきゃいけない)」と商品の特長のネバネバを掛けたネーミングにし、パッケージで「かねばネ! 食べなきゃダメ!」とアピールしている。

新商品をPRする伊計さん(左)、高木さん(中央)、西尾さん

 24日のクラビアでは、3人がクラッセのイベントに〝初参戦〟。試食販売ブースを設け、来場者にPRした。ご飯のお供に、豆腐に載せても合う「味付けがいい」、「1食分ずつ個包装になっていて便利」と来場者から好評を得て完売した。

「庄内町のかねばネバネバ―」(1食分30㌘)

 高木さんらは「今後は、地元食材を用いて月1品ペースで新商品を開発していき、クラッセで開催されるマルシェに出品していきたい」と意気込み、地域ぐるみの6次産業化につなげていく展開を目指す。

 「庄内町のかねばネバネバ―」(30㌘入り6袋)は税別450円。問い合わせはタチラボ=電0234(43)8382=へ。

パッケージ

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク