全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イオン帯広が全館改装 10月「食品」先行刷新

 イオン北海道(札幌)は、イオン帯広店(西4南20、石高匡史店長)の売り場を大規模改装する。特に直営部門の食品と子どものゾーンを見直す。2001年以来の改修規模で、すでに一部工事に着手した。全館改装は11月末の終了を予定、10月下旬にも食品売り場が先行してリニューアルオープンする。

「クイックブース」の拡大など、全面的に構成が変わる食品売り場

 1階食品売り場の構成(ゾーニング)を見直し、需要が高まっている冷凍食品や「中食(なかしょく)」と言われる食品のブースを従来の約3倍に広げる。健康志向が高まる中、点在していた健康関連の食品をコーナーも展開する。商品を並べる什器(じゅうき)なども相当数更新する。

 2階は子供関連の売り場を集約。玩具売り場を従来の1.2倍とし、商品が体験できるコーナーを拡充する。シニア、婦人、紳士の衣料売り場は移動し、紳士では新たに「ゴールデンベア」を販売する。

 改装に掛かる費用は非公表。通常営業を続けながら工事を進める。

 石高店長は「完成直前に食品、子供関連の売り場などゾーン単位で営業を休止することはあるが、極力、全面閉店はしないで作業を進めたい」としている。

 イオン帯広店は、前身のニチイ時代を含めて1979年から同所で営業。大規模な店舗改装は2001年の「帯広サティ」時代に、食品や衣料売り場を変えて以来となる。2年前には化粧品売り場を改装していた。

 青柳英樹社長は昨年秋、来帯した際に、「近い時期に店舗をリニューアルしたい」と話していた。

関連記事

宇部日報社

女性への暴力根絶を 石炭記念館展望台、26日まで紫色にライトアップ【宇部】

 女性への暴力の根絶を呼び掛けようと、宇部市石炭記念館の展望台が、啓発活動の象徴「パープルリボン」にちなんで紫色にライトアップされている。26日まで。  国が定める「女性に対する暴力をなくす運動...

珍鳥サカツラガン飛来 石垣島では数年ぶり 市内田んぼで3羽確認

 珍しい迷鳥サカツラガン3羽が11日、石垣市内の田んぼで確認された。県内では1983年に沖縄本島で初記録されたほか、八重山では西表島や波照間島、石垣島などで記録がある。  サカツラガンは、全長8...

長野日報社

小中学生に救命の知識を 伊那中央病院が体験学習

 伊那市の伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)は、小中学生が救命処置を学ぶ体験学習「学校PUSHコース」の実施を上伊那地方の小中学校で始めた。同市富県小学校で12日、初めて...

荘内日報社

庄内産小麦のブランド化へ 地産・地消推進狙いに勉強会

 庄内産小麦に関する勉強会が11日、酒田市のマリーン5清水屋で開かれ、庄内地方のラーメン店主や製菓、製パン業者らが、山形大農学部(鶴岡市)が庄内で進める小麦の試験栽培に関する報告やラーメンの試食などを...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク