全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イオン帯広が全館改装 10月「食品」先行刷新

 イオン北海道(札幌)は、イオン帯広店(西4南20、石高匡史店長)の売り場を大規模改装する。特に直営部門の食品と子どものゾーンを見直す。2001年以来の改修規模で、すでに一部工事に着手した。全館改装は11月末の終了を予定、10月下旬にも食品売り場が先行してリニューアルオープンする。

「クイックブース」の拡大など、全面的に構成が変わる食品売り場

 1階食品売り場の構成(ゾーニング)を見直し、需要が高まっている冷凍食品や「中食(なかしょく)」と言われる食品のブースを従来の約3倍に広げる。健康志向が高まる中、点在していた健康関連の食品をコーナーも展開する。商品を並べる什器(じゅうき)なども相当数更新する。

 2階は子供関連の売り場を集約。玩具売り場を従来の1.2倍とし、商品が体験できるコーナーを拡充する。シニア、婦人、紳士の衣料売り場は移動し、紳士では新たに「ゴールデンベア」を販売する。

 改装に掛かる費用は非公表。通常営業を続けながら工事を進める。

 石高店長は「完成直前に食品、子供関連の売り場などゾーン単位で営業を休止することはあるが、極力、全面閉店はしないで作業を進めたい」としている。

 イオン帯広店は、前身のニチイ時代を含めて1979年から同所で営業。大規模な店舗改装は2001年の「帯広サティ」時代に、食品や衣料売り場を変えて以来となる。2年前には化粧品売り場を改装していた。

 青柳英樹社長は昨年秋、来帯した際に、「近い時期に店舗をリニューアルしたい」と話していた。

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク