全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イオン帯広が全館改装 10月「食品」先行刷新

 イオン北海道(札幌)は、イオン帯広店(西4南20、石高匡史店長)の売り場を大規模改装する。特に直営部門の食品と子どものゾーンを見直す。2001年以来の改修規模で、すでに一部工事に着手した。全館改装は11月末の終了を予定、10月下旬にも食品売り場が先行してリニューアルオープンする。

「クイックブース」の拡大など、全面的に構成が変わる食品売り場

 1階食品売り場の構成(ゾーニング)を見直し、需要が高まっている冷凍食品や「中食(なかしょく)」と言われる食品のブースを従来の約3倍に広げる。健康志向が高まる中、点在していた健康関連の食品をコーナーも展開する。商品を並べる什器(じゅうき)なども相当数更新する。

 2階は子供関連の売り場を集約。玩具売り場を従来の1.2倍とし、商品が体験できるコーナーを拡充する。シニア、婦人、紳士の衣料売り場は移動し、紳士では新たに「ゴールデンベア」を販売する。

 改装に掛かる費用は非公表。通常営業を続けながら工事を進める。

 石高店長は「完成直前に食品、子供関連の売り場などゾーン単位で営業を休止することはあるが、極力、全面閉店はしないで作業を進めたい」としている。

 イオン帯広店は、前身のニチイ時代を含めて1979年から同所で営業。大規模な店舗改装は2001年の「帯広サティ」時代に、食品や衣料売り場を変えて以来となる。2年前には化粧品売り場を改装していた。

 青柳英樹社長は昨年秋、来帯した際に、「近い時期に店舗をリニューアルしたい」と話していた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク