全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

木工体験楽しむ 木育フォーラム

夏休み中の子どもたちでにぎわった木工体験コーナー(田辺市新庄町で)

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユーで25日、「木の国わかやま木育フォーラムin南紀田辺」が開かれた。親子約700人が木のおもちゃで遊んだり、木工体験コーナーで楽しく木に触れ合った。木育について考える講演、トークセッションもあった。
 主催は県内の大学などでつくる「高等教育機関コンソーシアム和歌山」。子育て中のお母さんたちでつくる「きのくに木育ラボ」が運営した。
 夏休み中とあって、木工体験コーナーは親子連れでにぎわった。備長炭の風鈴、流木と貝殻などを使ったウインドー・チャーム、カンナで仕上げる龍神材のまな板、ねじやくぎを使わず組み立てるドールチェア、ミニ升キーホルダーなど、子どもが楽しめる製作コーナーがたくさん並んだ。
 両親と参加していた田辺第三小学校1年の根来逢人君(7)はウインドー・チャーム作りに夢中になっていた。母雅子さん(35)は「夏休みの宿題ができて良かった」と笑顔で話した。
 このほか、絵本の読み聞かせや木のおもちゃで遊ぶコーナーなどもあった。
 午後のフォーラムでは、東京おもちゃ美術館副館長の馬場清さんが「木育ってなぁに?~ウッドスタートで地域を元気に」をテーマに基調講演をした。馬場さんは全国各地の事例を紹介しながら「木育は、人をつなげ、地域をつなげ、『幸せ』をもたらす」と述べた。さらに環境を守る態度を培う▽木の文化(木工技術や木の知識)を身に付け後世に伝える▽暮らしに木を取り入れる▽経済(林業、林産業)を活性化させる▽子育てに生かし、豊かな心を育む―と、説明した。
 トークセッションでは、田辺市の真砂充敏市長や大学、林業関係者がそれぞれの立場から意見を述べた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク