全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

木工体験楽しむ 木育フォーラム

夏休み中の子どもたちでにぎわった木工体験コーナー(田辺市新庄町で)

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユーで25日、「木の国わかやま木育フォーラムin南紀田辺」が開かれた。親子約700人が木のおもちゃで遊んだり、木工体験コーナーで楽しく木に触れ合った。木育について考える講演、トークセッションもあった。
 主催は県内の大学などでつくる「高等教育機関コンソーシアム和歌山」。子育て中のお母さんたちでつくる「きのくに木育ラボ」が運営した。
 夏休み中とあって、木工体験コーナーは親子連れでにぎわった。備長炭の風鈴、流木と貝殻などを使ったウインドー・チャーム、カンナで仕上げる龍神材のまな板、ねじやくぎを使わず組み立てるドールチェア、ミニ升キーホルダーなど、子どもが楽しめる製作コーナーがたくさん並んだ。
 両親と参加していた田辺第三小学校1年の根来逢人君(7)はウインドー・チャーム作りに夢中になっていた。母雅子さん(35)は「夏休みの宿題ができて良かった」と笑顔で話した。
 このほか、絵本の読み聞かせや木のおもちゃで遊ぶコーナーなどもあった。
 午後のフォーラムでは、東京おもちゃ美術館副館長の馬場清さんが「木育ってなぁに?~ウッドスタートで地域を元気に」をテーマに基調講演をした。馬場さんは全国各地の事例を紹介しながら「木育は、人をつなげ、地域をつなげ、『幸せ』をもたらす」と述べた。さらに環境を守る態度を培う▽木の文化(木工技術や木の知識)を身に付け後世に伝える▽暮らしに木を取り入れる▽経済(林業、林産業)を活性化させる▽子育てに生かし、豊かな心を育む―と、説明した。
 トークセッションでは、田辺市の真砂充敏市長や大学、林業関係者がそれぞれの立場から意見を述べた。

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

「鳥」のバス停完成 藝大生が園児と手作りアート

長野県伊那市高遠第2・第3保育園の年中、年長児が17日、園近くにある荒町バス停に手作りのアート作品を飾った。東京藝術大学大学院の高井碧さんらが、同市高遠町の国道152号沿いで進めている「バス停...

雪踏みしめアートに 食や犬ぞり体験も 中札内

 雪を楽しむイベント「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」(中札内村観光協会主催)が15日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで始まった。キャンバスに見立てた雪原をスノーシューで歩いて...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク