全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

完全ベジタブル定食 十勝産ビーガン帯広市役所食堂で

 帯広市役所庁舎11階の食堂「スカイレストラン」は9月2日から、調味料を含め動物性食材を一切使わない完全ベジタブルのワンプレート定食「十勝ビーガンベジランチ」の限定提供を始める。管内の飲食店で「ビーガン」を定番メニューに掲げるのは珍しいという。運営するニューセレクショングループ(帯広)は「味にもこだわった。十勝の野菜のおいしさをじかに感じて」としている。

「野菜をおいしく食べられる自信作」と話す(左から)大林恵司スカイレストラン料理長、佐藤店長、石王代表

 ビーガンとは、卵や乳製品も含めて取らない純粋菜食主義者を指す。同ランチはメインの品に大豆ミートなどを活用、ゴボウなどで取っただしを使い、ドレッシングもすったタマネギがベースの手作り品。メニューは一定期間ごとにメニューを変えるが、大豆ミート甘辛煮とニンジンのナムル、ナガイモとオクラの梅酢がけなど。ワンプレートでそば付き1食600円で提供する。

 ベジタリアン向けの商品開発などを行う「Tokachi・Diversity・Project(とかちダイバーシティープロジェクト)」(帯広、石王洋美代表)が企画支援。石王代表は「ベジタリアンは外食時、サラダなどを単品で頼むなど苦労も多い。最近は事前相談で個別対応してくれる店もあるが、メニュー化自体は聞いたことがない」と話す。

 石王代表らが今春、米沢則寿市長と面会する機会があり、ベジタリアン向け料理の普及推進を要望。同食堂を運営するニューセレクショングループが主旨に賛同し、佐藤亮店長らが7月からメニュー開発を進めてきた。佐藤店長は「単にヘルシーなだけでなく、おいしく野菜を食べてほしいと味にこだわった。使用できる調味料も限られ、味付けに苦心した」という。

 同プロジェクトは近く十勝のベジタリアンメニュー提供マップも制作する考えで、石王代表は「内閣府や東京都庁、旭川空港の食堂などではすでに専用メニューがある。十勝の飲食店にも1品でも作ってもらえるよう呼び掛けたい」としている。

関連記事

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク