全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

完全ベジタブル定食 十勝産ビーガン帯広市役所食堂で

 帯広市役所庁舎11階の食堂「スカイレストラン」は9月2日から、調味料を含め動物性食材を一切使わない完全ベジタブルのワンプレート定食「十勝ビーガンベジランチ」の限定提供を始める。管内の飲食店で「ビーガン」を定番メニューに掲げるのは珍しいという。運営するニューセレクショングループ(帯広)は「味にもこだわった。十勝の野菜のおいしさをじかに感じて」としている。

「野菜をおいしく食べられる自信作」と話す(左から)大林恵司スカイレストラン料理長、佐藤店長、石王代表

 ビーガンとは、卵や乳製品も含めて取らない純粋菜食主義者を指す。同ランチはメインの品に大豆ミートなどを活用、ゴボウなどで取っただしを使い、ドレッシングもすったタマネギがベースの手作り品。メニューは一定期間ごとにメニューを変えるが、大豆ミート甘辛煮とニンジンのナムル、ナガイモとオクラの梅酢がけなど。ワンプレートでそば付き1食600円で提供する。

 ベジタリアン向けの商品開発などを行う「Tokachi・Diversity・Project(とかちダイバーシティープロジェクト)」(帯広、石王洋美代表)が企画支援。石王代表は「ベジタリアンは外食時、サラダなどを単品で頼むなど苦労も多い。最近は事前相談で個別対応してくれる店もあるが、メニュー化自体は聞いたことがない」と話す。

 石王代表らが今春、米沢則寿市長と面会する機会があり、ベジタリアン向け料理の普及推進を要望。同食堂を運営するニューセレクショングループが主旨に賛同し、佐藤亮店長らが7月からメニュー開発を進めてきた。佐藤店長は「単にヘルシーなだけでなく、おいしく野菜を食べてほしいと味にこだわった。使用できる調味料も限られ、味付けに苦心した」という。

 同プロジェクトは近く十勝のベジタリアンメニュー提供マップも制作する考えで、石王代表は「内閣府や東京都庁、旭川空港の食堂などではすでに専用メニューがある。十勝の飲食店にも1品でも作ってもらえるよう呼び掛けたい」としている。

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク