全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

縄文とつながる現代アート 中ッ原遺跡をちょう結び

復元された大きな柱の根本に「綱」でちょう結びを作り完成させた

「日本の縄文化」を現代アートにとらえ、各地の建造物を「縄」でぐるりと回して結ぶ「旅する家縛りプロジェクト」が26日、長野県茅野市山口の中ッ原縄文公園で行われた。千葉県市川市の現代アート作家の松本春崇さん(61)と妻の角田良江さん(62)が取り組んでいる表現技法で、茅野市民ら約15人が参加して布の「綱」で公園周りと園内に復元された木柱を結び、飾り付けた。

同公園は縄文時代の中ッ原遺跡を公園化。遺跡からは国宝土偶の「仮面の女神」が出土している。プロジェクトが事前にアンケートで「縄文人の好みの色」を40人ほどに聞いたところ、「赤」が多いことから赤色の綱を多用。ピンクや紫などの綱も用いた。

公園周り約130メートルは立ち木や杭などに綱を結び付け巡らせた。復元されている高さ約8メートル、直径80センチの柱4本のてっぺんにも綱を渡し、柱の根元にちょう結びにした綱を配した。

完成後、松本さんは「これで縄文とつながった感じ」とした上で「(訪れた人に)なんだろうと思ってもらえれば」と話した。プロジェクトから依頼され作業の指導的な役割を担った市尖石縄文考古館の守矢昌文館長(62)は「無色透明だった公園が縄文感の色でよみがえった感じだ」と語った。9月1日午後4時頃まで飾る。

松本さん、角田さん、守矢館長らがパネリストになるシンポジウムは今月31日午後2時から茅野市民館で開く。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク