全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

縄文とつながる現代アート 中ッ原遺跡をちょう結び

復元された大きな柱の根本に「綱」でちょう結びを作り完成させた

「日本の縄文化」を現代アートにとらえ、各地の建造物を「縄」でぐるりと回して結ぶ「旅する家縛りプロジェクト」が26日、長野県茅野市山口の中ッ原縄文公園で行われた。千葉県市川市の現代アート作家の松本春崇さん(61)と妻の角田良江さん(62)が取り組んでいる表現技法で、茅野市民ら約15人が参加して布の「綱」で公園周りと園内に復元された木柱を結び、飾り付けた。

同公園は縄文時代の中ッ原遺跡を公園化。遺跡からは国宝土偶の「仮面の女神」が出土している。プロジェクトが事前にアンケートで「縄文人の好みの色」を40人ほどに聞いたところ、「赤」が多いことから赤色の綱を多用。ピンクや紫などの綱も用いた。

公園周り約130メートルは立ち木や杭などに綱を結び付け巡らせた。復元されている高さ約8メートル、直径80センチの柱4本のてっぺんにも綱を渡し、柱の根元にちょう結びにした綱を配した。

完成後、松本さんは「これで縄文とつながった感じ」とした上で「(訪れた人に)なんだろうと思ってもらえれば」と話した。プロジェクトから依頼され作業の指導的な役割を担った市尖石縄文考古館の守矢昌文館長(62)は「無色透明だった公園が縄文感の色でよみがえった感じだ」と語った。9月1日午後4時頃まで飾る。

松本さん、角田さん、守矢館長らがパネリストになるシンポジウムは今月31日午後2時から茅野市民館で開く。

関連記事

紀伊民報社

ねんりんピック開幕

 高齢者の健康と福祉の全国大会「ねんりんピック紀の国わかやま2019」(第32回全国健康福祉祭和歌山大会)が9日、開幕した。県内初開催。12日までの4日間、県内21市町でスポーツ・文化の27種目...

長野日報社

結婚式の準備着々 赤穂高商業科3年生が企画

赤穂高校(長野県駒ケ根市)商業科3年の有志14人が企画し、駒ケ根市の駒ケ根高原にある「古民家ウェディング音の葉」で12月8日に催す結婚式の準備が進んでいる。式の主役となるカップルが決まり、関係者...

結あかりで平和を願う 八重農生、手作り灯籠灯す

 八重山農林高校(山城聡校長)ライフスキル科の1~3年生約80人は7日夕、被災地の復興や世界平和を祈って手作りの灯籠をともす毎年恒例の取り組み「結あかり」を同校中庭で行い、黙とうをささげた。  ...

長野日報社

山の楽しみ方いろいろ 茅野市民館で山岳イベント

山岳トークや山道具の展示などを行う「八ケ岳マウンテンミーティング2019」は4日、茅野市の茅野市民館で開いた。山に関わる専門家によるトークや、テントや山道具などの展示、山でのおいしいお茶の入れ方...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク