全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあり、乗客は昔ながらの演出を堪能。懐かしさあふれる列車旅を楽しんだ。

「十勝晴号」を前に撮影を楽しむ乗客ら

 十勝晴駅は2014年8月にグランドオープン。貴重な鉄道部品やジオラマなどを展示している。十勝晴号は穂積さんが同駅常連客らと約1年前から準備を進め、「団体貸し切り列車」として運行。JR社員が運転士や車掌を務め、道内外から57人が乗車した。

 列車は朱色の国鉄色に塗装されて人気の高い「キハ40 777」1両で、午前9時39分に帯広駅を出発。行きは普通列車で、厚内駅まですべての駅と信号場に停車した。池田駅では旧国鉄時代を思わせる弁当売りを行い、乗客が窓を開けて駅弁を受け取った。

 厚内駅では行き先表示板が「帯広-十勝晴」から旧士幌線「帯広-十勝三股」、旧広尾線「帯広-広尾」など懐かしい表示に交換され、乗客が撮影を楽しんだ。乗車した東京の内海弦さん(57)は「昔はよくSLを撮影するために十勝に来た。ノスタルジーを感じる旅で楽しい」と笑顔を見せた。帰りは急行列車で、帯広駅に午後3時1分に到着予定。

 穂積さんは「鉄道ファンにとって自分の列車を走らせることは夢。感無量です」と話した。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク