全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の金属製フェンスの一部が落下するなど、地元住民らが解体を要望していた。市は解体費約1億8000万円と見込み、9月定例市議会に関連予算を計上した本年度一般会計補正予算案を提出する。

 解体するのは1973年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート造り7階建ての本館(延べ床面積約3100平方㍍)のほか、鉄骨造りの渡り廊下、木造の社員寮、倉庫。入札などの手続きを経て来年3月の工事着手を予定し、工期は9カ月程度を見込んでいる。2005年完成で比較的新しい浴場棟は対象外。

 ホテルの運営会社は07年に破産手続きを開始して解散。その後、弁護士の破産管財人が全不動産を放棄し、10年に破産手続きが廃止され、実体のない法人が所有者となったまま放置されてきた。

 建物は老朽化が進み、周辺の民家付近に設備部品が落下したり、建物内に不審者が出入りするなど問題となっていた。市は応急措置を施してきたが、庄内沖を震源とする6月の地震の際には、渡り廊下の柱に亀裂が入り、外壁が落下。今月14日には倉庫の屋根の崩落が確認されるなど、市は危険性が高まっていると判断した。

 市は、建物を倒壊の恐れなどがある「特定空き家」に指定した上で、所有者不在の場合に行う略式代執行で解体する方針。解体費のうち、約5000万円は国の補助を見込んでいる。

市が略式代執行での解体方針を示した旧「ホテル雷屋」

関連記事

豊橋で手形アートの完成記念式典

 病気や障害を抱える子どもたちを応援しようと、豊橋市内の園児や障害児らから集めた手形を使ったアート作品の完成記念式典が23日、豊橋市こども未来館ここにこであり、三笠宮瑶子さまが出席された。  ...

荘内日報社

「早池峰神楽」を初奉納

 岩手県の北上山地の主峰、早池峰(はやちね)山に伝わる国の重要無形民俗文化財「早池峰神楽」の奉納舞が21日に鶴岡市の出羽三山神社三神合祭殿、22日に羽黒山荒澤寺正善院で披露された。数ある神楽の中でも激...

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク