全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の金属製フェンスの一部が落下するなど、地元住民らが解体を要望していた。市は解体費約1億8000万円と見込み、9月定例市議会に関連予算を計上した本年度一般会計補正予算案を提出する。

 解体するのは1973年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート造り7階建ての本館(延べ床面積約3100平方㍍)のほか、鉄骨造りの渡り廊下、木造の社員寮、倉庫。入札などの手続きを経て来年3月の工事着手を予定し、工期は9カ月程度を見込んでいる。2005年完成で比較的新しい浴場棟は対象外。

 ホテルの運営会社は07年に破産手続きを開始して解散。その後、弁護士の破産管財人が全不動産を放棄し、10年に破産手続きが廃止され、実体のない法人が所有者となったまま放置されてきた。

 建物は老朽化が進み、周辺の民家付近に設備部品が落下したり、建物内に不審者が出入りするなど問題となっていた。市は応急措置を施してきたが、庄内沖を震源とする6月の地震の際には、渡り廊下の柱に亀裂が入り、外壁が落下。今月14日には倉庫の屋根の崩落が確認されるなど、市は危険性が高まっていると判断した。

 市は、建物を倒壊の恐れなどがある「特定空き家」に指定した上で、所有者不在の場合に行う略式代執行で解体する方針。解体費のうち、約5000万円は国の補助を見込んでいる。

市が略式代執行での解体方針を示した旧「ホテル雷屋」

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク