全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ミヤマシジミ舞う学校に 伊那西小3年生が飼育始める

専用ゲージに入れたミヤマシジミの幼虫を眺める児童

 伊那市伊那西小学校の3年生8人が22日、絶滅危惧種のチョウ「ミヤマシジミ」の幼虫を育て始めた。チョウの生息に適した環境づくりに取り組み、小さな命を守り育てる活動の一環。保護に取り組む「伊那ミヤマシジミを守る会」代表の岡村裕さん(78)から幼虫10匹ほどを譲り受け、敷地内の専用ケージにそっと移した。「たくさんのチョウが舞う学校にしよう」と期待を膨らませている。

 ミヤマシジミが生息する環境づくりとして、児童は今年4月にチョウが好む食草コマツナギの種をプランターにまいて栽培している。6月には学校近くにある市営霊園の保護地を訪れ、飛び交う姿を観察。広げた羽をじっくり眺め、雄が美しい青色、雌は茶褐色であることを確かめた。食草に産み付けた卵も見つけ、里山にすむ希少な生き物について学びを深めている。

 この日、譲り受けた幼虫は緑色で、体長1センチほど。岡村さんはさなぎの色について「初めのうちは緑色だが、途中から雌だけが赤茶色になり、雌雄の区別がつく」と説明。9月中旬ごろには羽化すると話すと、子どもたちから歓声が上がった。

 コマツナギの周りを網で囲んだ約1.5平方メートルの専用ケージに加え、幼虫の一部を教室の飼育箱に入れて育ち方を観察する。庭の花壇では、たくさんのチョウが飛来するように願いを込めて、コマツナギの苗木8本を植えた。

岡村さんは「命の不思議さと尊さを知ってもらえたら。時間はかかるが、多くのチョウが見られるような環境をつくってほしい」と話していた。

同校は2018年度に小規模特認校となり、自然科学分野に特化したカリキュラムを展開している。専用ケージは、昨年度にチョウの生態を観察した現4年生から引き継いだ。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク