全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大学講義受け進路を考える

東三河の高校生2350人が参加

 東三河の高校生が地元大学の講義を受け、進路について考える「ラーニングフェスタ」が22日、豊橋市牛川町の豊橋創造大学であり、過去最高の約2350人が参加した。  文理選択を控える1年生を中心に、将来を真剣に考える場にしてもらおうと、地元の公立高校や東三河と浜松地区の大学・短期大学からなる「東三河・浜松地区高大連携協議会」が2014(平成26)年度から行っている。  豊橋技術科学、愛知、豊橋創造の豊橋市内にある3大学や静岡大学などの14大学・短期大学が全82講義を実施。「アナフィラキシーショックって? 児童生徒の健康を守る養護教諭」(聖隷クリストファー)、「VR・ICTでかわる未来の社会」(愛知工科)など、大学の研究を分かりやすく1コマ50分にまとめた授業を、生徒が自由に受講した。  このうち、静岡大学工学部の山極芳樹教授は、2000年代に入り研究が本格化した宇宙エレベーターの歴史やその仕組み、実現に向けた取り組みを紹介。また、豊橋創造大学経営学部の原木英一講師は、世界最大のコーヒーチェーン「スターバックス」について、マーケティング戦略の視点から成功の理由を解き明かした。   同フェスタは、大都市の大学だけでなく、地元大学への関心を高める狙いもあり、中には地元高校からの進学が増えている大学もあるという。大学側の主管を務める豊橋創造大学の平松靖一郎地域連携・広報センター長は「同じ学科でも、いろいろな視点での学びを体験することで、学問の面白さを感じるきっかけになれば」と話した。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク