全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

伝統の焼き畑農法の学び深める

 鶴岡市槙代の天魄(てんぱく)山麓にある「温和の森」で22日、あつみ小学校(松田裕可校長、児童178人)の3年生29人が焼き畑に温海かぶの種まきを行い、地元の特産物と伝統農法について理解を深めた。

 森・川・海の資源を利用した地域の営みを学び、関心を高めてもらう天魄森林自然教室の一環で、鶴岡市がやまがた緑環境税を活用し、あつみ小3―5年生を対象に行っている。

 児童たちは急斜面の約75平方㍍の畑で、温海町森林組合職員による火入れを見学。草木灰が栄養になり、病気にかかりにくいなど江戸時代から伝わる伝統の焼き畑農法の特性について、市温海庁舎職員から説明を受けた。火入れには5年生が7月に温和の森で枝打ちした枝を用いた。畑の火が収まった後、児童たちは砂と混ぜ合わせた種を手いっぱいに握り、斜面の上と下から「大きくな~れ」と声をそろえて勢いよくまいた。柳沢麻夏さん(9)は「どうして畑を焼くのか不思議に思っていたけど、自然にやさしい農法だと教えてもらった」、藤田心愛さん(8)は「温海かぶの漬物は大好き。おいしく育ってほしい」と話していた。

「大きくな~れ」。焼き畑に温海かぶの種をまく児童たち

 3年生は11月下旬に収穫を行い、地元の高齢者から温海かぶ漬けの作り方を学ぶ。採った種は来年度の3年生へ引き継がれる。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク