全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧CCSセンター CO2再利用の実証試験へ

苫小牧CCS実証試験センターを視察した世耕経産相(左)

 世耕弘成経済産業相は21日、今後の施設の有効活用が注目されていた二酸化炭素(CO2)を苫小牧沖の海底下に圧入する苫小牧CCS実証試験センター(苫小牧市真砂町)について、カーボンリサイクル実証試験施設として活用する方針を明らかにした。同施設を視察後、記者団の質問に答えた。2020年度予算の概算要求に調査および基本設計費を盛り込み、早ければ22年度中にも試験を始める方針。世耕経産相は「施設を有効活用し、カーボンリサイクルの実証試験拠点にしたい」と話した。

 CCSの実証試験は地球温暖化を防ぐため、原因となるCO2を地中に封じ込める取り組みとして16年から実施。今年10月末までに目標の30万トンに達する見通しで、その後の活用方法などが注目されていた。

 カーボンリサイクルはCO2を炭素資源(カーボン)と捉え、さまざまな炭素化合物に合成して化学品や燃料、鉱物などに再利用する取り組み。資源エネルギー庁が今年2月にカーボンリサイクル室を設置し、実用化を目指している。苫小牧のCO2の分離・回収設備をそのまま活用できることから、カーボンリサイクル実証試験への活用構想が浮上したという。

 同省によると、CO2と水素を分離・合成し、燃料や医薬品などの原料に活用できるメタノールを年間1万トン生成する計画。20年度概算要求に調査費を盛り込み、21、22年度にかけて実証施設を同センター敷地内に建設。早ければ22年度中に実証試験を始めるスケジュールを想定している。余剰分のCO2を海底下へ継続圧入する構想もあり、同省担当者は「地元関係者の理解と協力を得たい」としている。

 世耕大臣は今回の視察で苫小牧東部国家石油備蓄基地(市内静川)も訪問。有事などに対応できるエネルギー備蓄の現状などについて理解を深めた。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク