全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

友好の証しに記念植樹 中国の外交部代表団

日中友好の証しとしてハナモモとサクラを植樹する王文麗副司長(左から2人目)や仁坂吉伸知事(左から3人目)ら=21日、白浜町で

 中国外交部の中堅幹部代表団が21日、中国から貸し出されたパンダが飼育されている和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドを訪れ、日中友好の証しとしてハナモモとサクラを記念植樹した。
 日中両国の関係を良好にするためには、双方の外交当局による意思疎通の強化が必要だとして、昨年からお互いに行き来している。白浜で飼育されるパンダは繁殖研究を目的に中国から借りており、日中の友好を深めている。
 代表団のメンバーは、辺境海洋事務司副司長の王文麗さんを団長に10人。仁坂吉伸知事らとともに訪れた。
 植樹場所は、2014年12月に生まれた双子の「桃浜(とうひん)」と「桜浜(おうひん)」が暮らす希少動物繁殖センター「パンダラブ」前。ハナモモは友好のシンボル、サクラは日本を象徴する花で、2匹の名前になっている。王団長や仁坂知事、同園を運営するアワーズの山本雅史社長ら8人が、いずれも5年生で高さ約2・5メートルの木を植えた。
 代表団は、パンダの飼育や展示状況を見るとともに意見交換もした。
 仁坂知事は「パンダは日中友好の本当の架け橋になっていると思う。皆さんに感謝したい。これから永遠につなげてくれるだろう」といい、王団長は「25年前、白浜にパンダがやって来た。アドベンチャーワールドのこのような取り組みは、両国の友好に貢献することとして楽しみにしている」と答えた。山本社長は「植樹した2本の木が成長し、日中の友好が深まることを祈念したい」と話した。
 代表団は22日には、防災関連施設の視察として広川町にある「稲むらの火の館」を訪問。世界遺産の高野山も訪れる。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク